主婦向けおすすめ本 美容

兼業主婦が選ぶ!きっと心が若返るアンチエイジング小説ベスト5

「アンチエイジング」、30歳も後半になってくると、この言葉が気になってきますね。

食べ物、サプリ、化粧品、ネットで検索すればたくさん出てくるキーワードですが、最近「アンチエイジング小説」という言葉を初めて目にしてびっくりしました。

小説でアンチエイジングなんて面白い発想ですね。

確かに楽しい小説を読めば楽しくなり、悲しい小説を読めば悲しくなります。アンチエイジング・・・心が若返る、そんな小説も探せばたくさんあるのかもしれません。

思い返して、私が今まで読んできた小説の中で、これはアンチエイジング小説かも!と思ったものを5冊ほど紹介してみたいと思います。

アンチエイジング小説ベスト5

第5位 平安寿子「あなたがパラダイス」

帯に「アンチエイジング小説」とあり、気になって手に取りました。三人の中高年女性のそれぞれの更年期の話で、更年期障害の症状なんかが詳しく描写されていて、小説として面白いだけではなく参考になりました。

それぞれの日常は、更年期になっても独り者で愛情を知らなくて迷っていたり、ひどい理由で離婚されて立ち直れていなかったり、自分の親と旦那の親の介護問題が一気に来て、肉体的にも心理的にも大変な状況であったり・・・。

どれも自分や周りの同世代の友達の暗い将来をいやがおうにも想像してしまいます。

そして、その三人の共通点が、沢田研二(ジェリー)が好きなこと。 つらい現実に立ち向かいながら、ジェリーの歌や生き方を思うことで何とかやっていける、そんな三人なのです。

「ミーハーなおばちゃんの熱狂的なファン心理」とまとめてしまえばそうかもしれませんが(そう言ってもおかしくないほど作中のジェリーに関する情報量がすごいです)、誰かや何かに夢中になるということは、本当に楽しくて、現実のつらさを一時的にとはいえ忘れさせてくれることはよく分かります。

対象が何であろうと、いくつになってもバカになれる位好きなものがあるというのは本当に幸福なことだと思うのです。

なるほど、「アンチエイジング小説」だな、と思わせてくれる小説でした。

あなたがパラダイス (朝日文庫)

第4位 桜木紫乃「蛇行する月」

高校を卒業した年に、20歳以上もの歳上菓子職人と駆け落ちをして子供を産み、東京でひっそりと親子三人で暮らす順子を取り巻く6人の女性の話です。

順子が駆け落ちをする時から、順子の子供が就職するくらいの年までの話で、6人の女性が順子に接する時系列はバラバラなのですが、順子の状況はいつも過酷なものです。

赤ちゃんを産んだはいいけど病院代が払えなくて深夜に逃げたとか、生まれた子供が病気を持っていたとか、とにかくお金が無いからいつも生活が苦しそうだし、始まりが駆け落ちなので、旦那の元の奥さんにずっと罪悪感を持って、それでも順子は6人の女性に「私は幸せ」と言うのです。それも強がりではなく純粋な気持ちで言ってのけるのです。

私がこの小説をアンチエイジングだと思うのは、順子を通して「自分の幸せ」は何なのかと考えることができるからです。自分の人生を、それこそ記憶のある時から追っていって、いつが一番幸せか、何をもって幸せと言うのか、深く考えたことがありますか?

自分がどう過ごしていれば自分が幸せだと感じるのか、なんとなくにでも分かれば、もっと楽に日々を過ごしていけるのではないでしょうか。

自分を見直すいいきっかけになる小説だと思います。

蛇行する月 (双葉文庫)

第3位 近藤史恵「整体師合田力シリーズ」

近藤史恵さんは私の大好きな作家さんですが、その中でも大好きなシリーズです。

ちょっと変わった整体師、合田力が、周りに集まる苦悩する人々の、悩みをほぐして癒していく、ミステリー(謎解き)要素のある小説です。

今の世の中は女性には生きにくいと感じませんか?

色んな価値観を気付かないうちに押し付けられ、がんじがらめになってしまう。特に嫌なことが重なって、視野が狭くなっている時に読むと、とっても癒されます。自分でも気付かない苦しみを解きほぐしてくれる小説です。肩の力が抜け、眉間のシワがとれるかもしれません。

厚い本ではないので、1冊を読むのにそれほど時間がかからず、読みやすい文章ですので、そういう意味でもオススメです。

第2位 中島京子「彼女に関する十二章」

主人公は50歳の主婦です。60年前に書かれた「女性論」を軸に、主婦の日々の生活が描かれています。

主人公は更年期で不調があるとの描写はありますが、それは特に重くなく、大きな問題にはされていません。

子供はとっくに手を離れ、気楽にパートをしていますが、パート先では頼りにされ、夫との関係も悪くありません。

病気や介護などの影もなく、描かれるのはのんびりした日常です。しかも、彼女の日々にはトキメキがあります。50歳なのに初恋の男性の息子にトキメキ、仕事先で会う風変わりな歳上の男性に想われ...30歳代の私から見れば、50歳になって夫と良い関係でも、こんな風にときめくことがあるのか!と新鮮な驚きがありました。

もちろん彼女が息子のような歳の男性とどうにかなったり、仕事先の男性の想いを受け入れるわけではありません。 不倫小説ではないのです。中学生の恋愛のような、もどかしさのあるトキメキなのです。

前述した何かに熱中するアンチエイジングもあれば、こんな中学生に戻ったようなトキメキを感じるアンチエイジングもアリだな~と思います。

娘、さらに孫、そんな若い世代が読むような恋愛小説やマンガ、ときめく本に出会えたらアンチエイジング効果が期待できます。食わず嫌いせずに、色んな世代の本に手を出すことをオススメします。

彼女に関する十二章

第1位 朝倉かすみ「ともしびマーケット」

「ともしびマーケット」というスーパーマーケットのある町に暮らす人々の話です。

一話一話で主人公は違いますが、登場人物が微妙に被っています。新婚の妻や小学生の子供をもつ父親、中学生の女の子、色々な立場の人間の、日常を描いています。

この小説で面白いのは語り口。第三者が主人公達を上から見ながら語っているような文章です。登場人物の感情の起伏をあまり表現しないため、とても淡々とした文章になっています。

退屈しそうなものですが、この語り口がとても面白く、次に次にと読み進むことができます。手を動かす、足を組む・・・そんなささいな動作を、比喩を入れて細かく描写するので、読みながら想像してしまうのが楽しいです。

そして、私はこの淡々とした色んな人々の日常から「幸せ」や「未来」のようなものを感じて、いつもあたたかい気持ちになります。

落ち込んだ時に読むと、救われた気持ちになる、私にとって大事な本です。色んな年代の主人公がいるので、その時その時で感情移入できる場面が変わっていくのも楽しくて、アンチエイジングポイントかな、と思います。

ともしびマーケット (講談社文庫)

まとめ

「アンチエイジング」というポイントで選んでみましたが、この5冊は「今の私」にとってのベスト5です。多分5年後、10年後には違った小説を選ぶのだと思います。

その時の自分にとって何が「アンチエイジング」で「自分を若返らせる」ポイントは何なのか、自分を見つめ直すのも楽しいし、その作業が結局はアンチエイジングにつながるのかもしれません。

電子書籍で漫画を読むのにオススメなタブレット!

※Amazonプライム会員ならさらに安く買える!

>>Amazonプライム会員でKindleを安く買う

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-主婦向けおすすめ本, 美容

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5