子育て

アレルギーっ子の小学校。就学時検診・給食・宿泊・エピペン・解除まで体験公開

11月になると、小学校の就学時検診スタート。

そこで気になるのが、学校のアレルギー対応。

私の子どもは卵アレルギーがあり、小学校・病院と連携しながらずっとアレルギー対策をしてきました。

先生との面談、様々な書類の提出、献立表チェック、エピペン管理、宿泊行事での食事等々。

今はもう高学年になり、病院での負荷試験で卵克服。

やっと解除となりました。

来年、小学校に入学されるお子さんがアレルギーを持っている場合、とても不安だと思います。

この記事では、食物アレルギーのある子の小学校生活を公開。

全て体験に基づいているので、お役に立てるかと思います。

(※アレルギー対応は、自治体・小学校・病院によって対応は変わってきます。

少しでも疑問があれば、必ず学校や病院に直接聞いてみましょう。)

就学時検診〜入学まで

私の子どもは卵アレルギーで、保育園では卵料理は全て除去してもらっていました。

11月の就学時検診では、卵アレルギーである旨を申告。

検診の最後で、別ブースに呼ばれ、アレルギー対応書類をもらうことに。

「学校生活管理指導票」と「食物アレルギー対応表」を2月いっぱいまでに提出するよう言われました。

それぞれの書類について説明しますね。

学校生活管理指導票

アレルギーっ子,小学校

医師が記入する書類

「アレルギーのある食材」「即時型か否か」「アナフィラキシーの経験の有無」「主治医の連絡先」などを記入のうえ、印鑑を押してもらいます。

アレルギーで継続的にお世話になっている医師がいる場合は、早めに書類を書いてもらいましょう。

食物アレルギー対応表

アレルギーっ子,小学校

保護者が記入する書類

アレルギー食材を食べてしまった時の症状や、連絡先などを記入します。

「学校生活管理指導票」と「食物アレルギー対応表」を提出後、小学校の栄養士さんから電話が。

入学式当日の夕方、面談をすることになりました。

入学してから

入学式当日に夕方、私は校長先生・担任の先生・養護教諭・栄養士さんと面談をしました。

念のため、子どもも連れていきました。

顔と名前を覚えてもらうためです。

面談を通して、次の2点が決まりました。

  • 保護者は献立表に毎月チェックをする
  • 保護者は連絡帳に毎日、「卵の除去の有無」を書く

給食の献立表を、前月の20日頃に栄養士さんから受け取り、除去メニューをチェック。

除去対象のメニュー(卵のすまし汁等)に赤線を引き、「給食室で除去食準備」などと赤ペンで書くことになりました。

また連絡帳で、「今日の給食は除去メニューがあるか否か」を知らせることに。

毎日「〇月〇日の給食は全部食べられます」「〇月×日の給食は、親子丼の卵除去です」などと書くことになりました。

一見、大変と思うかもしれませんが、これぐらいした方が安心ですし、それほど苦ではありません。

5年以上、この方法で栄養士・担任の先生と毎日連携してきましたが、誤食等は一度もないです。

給食のアレルギー対応は、驚くほどきめ細やか。

除去の他、「給食当番の際、卵料理を運ばせないようにする」「座席を一番前にして、給食時に目が届くようにする」等、保護者が思い至らない対応も積極的にしてくださいます。

給食メニューについても、変更や追加メニューが生じた場合は、栄養士の先生からすぐにお知らせが。

原材料全表示のうえ、「このメニューで大丈夫か否か」を確認してくださいます。

個人的には、学校側を信頼して良いと思います。

※給食のアレルギー対応は、食材により大きく異なる可能性があります。

食材にそった対応を、できるだけ細密に、先生方と話し合いましょう。

進級時のアレルギー対応

1年生が終わり、進級する際にもまたアレルギー対応が必要になります。

  • 進級前に、再び「学校生活管理指導票」と「食物アレルギー対応表」を提出する
  • 新年度の登校が始まったら、すぐにアレルギー対応の面談を申し入れる

書類は栄養士の先生からいただくか、自治体のアレルギー対策HP等からダウンロードすることもできます。

進級前の2月頃までに、再度書類を医師に記入してもらい、学校側に提出します。

そして新年度が始まったら、すぐに連絡帳等で面談の依頼をします。

給食が始まるまでに行なえば大丈夫です。

面談の時間は、だいたい平日の15時半頃に行なうことが多いです。

エピペンを持ってる場合、学校側の対応は?

食物アレルギーをお持ちのお子さんのなかには、エピペンを持っている方もいると思います。

うちの子も、病院での卵負荷試験でアレルギー症状を起こし、念のためエピペンを持つことになりました。

エピペンを持っていたら、必ず学校側に報告を。

万が一学校でアナフィラキシーを起こした場合、エピペンを持っていることを学校側が知らないと、救命処置ができません。

「エピペンを持っている」「エピペンが処方された」

そうなったら、必ず学校側に報告し面談をします。

面談の際には、必ず「エピペン対応票」を持参します。

アレルギーっ子,小学校

対応票を見ながら、校長・担任・養護教諭・栄養士の先生と一緒に面談を進めていきます。

主な内容は、以下のとおりです。

  • どんな症状が出たらエピペンを打つか。
  • 症状が出たら、誰に連絡するか。
  • 主治医は誰か。
  • エピペンを打つ前に内服薬などを飲むか。
  • エピペンを誰が打つか。
  • エピペンをどこで管理するか。
  • エピペンをどんな袋(ポーチ等)に入れるか(私は透明のポーチに、内服薬と一緒に入れています)。
  • ランドセルを入れるロッカーの位置はどこにするか(一番左の最上段等)。

もし使用期限の切れたエピペン(本物)があれば、実際に先生に打ってもらうのがおすすめ。

あ、人間に打つのではありませんよ。

主治医の先生が言うには「本物のエピペンを大根に打ってもらう」のが、感触がつかめて良いとのことです。

実際私も、担任の先生が変わるたびに、使用期限切れのエピペンと大根、布巾、新聞紙を持って面談。

ちょっと恥ずかしかったですが、先生方は大歓迎。

「こんな風にしてもらえるなんて、助かります!」とおっしゃってくださり、快くエピペン体験をしてくださいました。

なお、先生方は皆さん、エピペンを打つ研修は受けています。

しかし本物を打つ機会はなかなかありません。

でも練習用と本物では、打つ感触がかなり違うもの。

できれば「使用期限切れの本物のエピペン」と大根を持って、先生方と面談しましょう。

先生方との結束も硬くなりますよ。

宿泊行事は大丈夫?

アレルギーっ子で心配なのが、宿泊行事。

私の子どもも、卵アレルギーのまま宿泊行事に参加しましたが、全く問題ありませんでした。

まず事前に、原材料が全て掲載された献立表が配られます。

そしてバイキング形式の食事でも、全メニュー・全原材料が載ったプリントを渡され、現場でも全メニューにアレルギー表示を掲示。

4年生以上にもなると、自分で表示を見て把握・対応できるため心配ありませんでした。

また先生方の配慮で、バイキングでは「食物アレルギーのある子から先にとる」ようにしてくださいました。

「そんなことをしたら、うちの子だけ特別待遇みたいで目立っちゃいそう・・・」

そう心配になるかもしれません。

でも意外と食物アレルギーのある子は多いもの。

給食には出ないような食材で、アレルギーのある子って実はとても多いです(生卵、キウイ、マンゴー、おそば等々)

よって、宿泊行事ではアレルギー対応のお子さんがたくさんいたとか。

大丈夫、あなたのお子さんだけではありませんし、学校側もきめ細かく配慮してくださいます。

自信をもって、宿泊行事も送り出しましょう!

学校でいじめられない?

食物アレルギーがあると、「いじめ」が心配ですよね。

先生方もそのあたりは非常にデリケートになっており、年度初めには「子どもたちに、お子さんのアレルギーについて話して良いか」と確認があります。

私は「ぜひ話してください」と伝えていますが、なかには「アレルギーを知られたくない」という人もいらっしゃいますよね。

個人的には、子供たちに伝えたほうが良いと思います。

子供って、大人が思っている以上に優しいんです。しっかりしてるんです。

みんなで集まる時、うちの子のために卵の入っていないお菓子を持ってきてくれたり、お菓子が配られると「大丈夫?卵入ってない?」と聞いてくれたり。

一度、男子がうちの子のエピペンを「見せて!」と言ってきたのですが、クラスメートが「そんなことしちゃ、いけないんだよ!」と制止してくれたそうです。

うちの子は、アレルギーでいじめられることは全くありませんでした。

あなたのお子さんを信じるのと同じで、他のお子さんも信じてあげてください。

みんな、涙が出るほど優しくて、しっかりしてます。

よって、できればみんなに知らせた方が良いと思います。

解除をするには?

うちの子は最初、魚卵も除去しており、魚卵が入っているメニューは代替食を持って行っていました。

でも2年生の時に、血液検査でイクラの数値がほぼゼロだったこと。

そして、自宅でタラコのおにぎりを食べてみて大丈夫だったことから、解除することにしました。

解除をする場合は、まず栄養士の先生に「解除用の書類」をもらいます。

その後、主治医の先生に解除の旨を書いてもらい、学校に提出。

すぐに解除となり、除去対応はなくなりました。

さらに5年生の時点で、病院の全卵負荷試験クリア。

その後、自宅で卵焼きや茶わん蒸し等を食べても問題なかったため、解除をすることにしました。

非常に長かったですし、正直、小学校に入る前に食べられるようにしてあげたかったです。

でも無理やり食べさせるのは、さすがに危険。

時間はかかりましたが、何とか克服の運びとなりホッとしています。

さいごに

食物アレルギーは小学校入学で、大きな壁となります。

私も入学当初はとても不安で、献立表をチェックしながら「何で来月はこんなに卵が多いの?」なんて半泣きになったこともあります。

でも先生方の非常にきめ細かな配慮と、お友だちの優しさ、そして主治医の先生の力強いサポートで、何とか「アレルギーも学校も卒業」を迎えられそうです。

今、お子さんの食物アレルギーにお悩みの方、「小学校までに治さなきゃ!」と焦ることはありません。

じっくりゆっくり、先生方と連携をとれば、必ず楽しい学校生活を過ごせます。

自信をもって、ハレの日を迎えてくださいね。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5