仕事

ハローワークで見た「大学事務」の雇用条件が良いのでオススメ

夫が自営業で収入が不安定だった事と、子供を保育園に入れたかったので就職活動を始めました。

子供の保育園について、2歳までと3歳からでは保育料の金額が大きく違ってくるので、私の子供は3歳になるまで家庭保育で育ててきました。

地域のハローワークで相談員さんと仕事について相談できる

就職活動は久しぶりでしたが、まず始めに行ったのが、「ハローワーク調査」。ハローワークで紹介されている仕事を見ていて、「雇用条件」や「勤務時間帯」がよかったのをキッカケに、今の職種「事務系」に絞って就職活動を行いました。

希望する仕事内容は特に決めず、「保育園への送り迎えができる時間帯であること」と、「保育園か自宅から近い場所」を条件に仕事を探していきました。

私は保育士資格を持っているので「保育士の仕事」、「レジ」、「清掃」、「事務」など幅広く条件に当てはまるものを探してみました。ハローワークでの講習会などにも積極的に参加し、相談員さんとの面接練習や職務経歴書、履歴書なども指導を受けました。

雇用条件が良い大学事務を選択

相談員さんと相談する中、大学事務の仕事が条件にあい、時給もよく、年数によっては有給も使えると聞いたので大学事務を中心に仕事先を探しました。雇用条件が良いので朝一番に情報が届いたら、パソコンに反映される前に募集にストップがかかるとのこと

大学側からしたらまじめな人を雇用したいために、ハローワーク側にまじめな人に先に声をかけてもらうようにしておいて、2、3人募集が集まればすぐ打ち切りにしているとのことでした。キャンパスが3箇所ある大学でしたので求人もよく出ています。同じ大学の求人でしたが、3回応募し、3回不採用で3回目にやっと採用されました。

参考書でワード、エクセル、パワーポイント等のオフィス系を学ぶ

結果的には家から一番近い大学キャンパスに採用されたのでこれもよかったです。現在、大学事務の事務補佐員として10時から17時で勤務しています。パート勤務で有給はつきますが、手当などはつきません。祝日が多い月はその分収入が減るのでその分働きたいと思う月もあります。

子供が生まれるまでは保育士として働いていましたが、保育士から事務職に変わり、まったく違う仕事になったので少し不安な気持もありました。保育士時代に保育士で働くのには限界を感じていたので、パソコンの検定を独学で学び、ワードとエクセル、パワーポイントは使えるようにしておきました。その努力を買われて始めての事務職に就くことができたと思います。

 

事務といってもパソコン設定からコピー機点検教員の購入したものの検品など、作業系の仕事も含まれています。もちろんエクセル、ワード、パワーポイントは必須です。自分がやりたいと思っていた職にたどり着けたのでやりがいは感じています。

忙しい時期と、比較的時間がある時があるので時間がある時にどうしたらいいのだろうと思ってしまう時がたまに苦痛ですが、希望の条件が揃って給料も良いので当分は続けると思います。大学は事務は良い仕事ですが競争率も高いので、自分磨きを先にしておいた方が良いと感じました。

-仕事

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5