生活

「ちょっとひと手間」梅雨に向けたダニ・カビ掃除のコツ・おすすめグッズを紹介

6月から9月は、ダニ・カビの最盛期。

雨、高温、エアコンの結露などなど・・・ダニ・カビが繁殖する条件がズラリとそろっています。

ダニ・カビは、時に深刻な健康被害をもたらすもの。

喘息やアトピーを悪化させ、肺炎を引き起こす場合もあります。

そこで今回は、「梅雨時のダニ・カビ防止・撃退法」を公開。

ダニ・カビを予防・撃退する対策グッズもご紹介しますね!

ダニ退治、効果的な方法とは?

ダニは喘息や、皮膚のかゆみを引き起こすなど非常に厄介なもの。

何とかして、ダニの被害の食い止めたいですよね。

ダニの予防・退治には、どんな方法が効果的なのでしょうか。

とにかく湿度を下げる

ダニは「高温多湿」の環境が大好き。

温度が20〜30度、湿度が60〜80%のとき、最も繁殖すると言われています。

※独立行政法人環境再生保全機構HP

ダニを繁殖させないためには、まず湿度を下げるのが最優先。

なるべく窓を開け、部屋の換気を心がけましょう。

除湿器を置くのも良いですよ。

除湿器のおすすめはこれ!

部屋の除湿はもちろん、洗濯物もカラッと乾燥。

コンパクトで低価格なのに、高機能と評判です。

ダニのすみかを作らない

「私は毎日、掃除してるから大丈夫!」と思っていませんか?

そんなあなたも知らず知らずのうちに、ダニパラダイスを作っているかも・・・。

次の行動が当てはまったら、「ダニのすみか」がある可能性大。

今すぐチェックして、1つでも当てはまったら改善しましょう。

畳の上にじゅうたんを敷いている

「畳の上にじゅうたん」は、最もやってはいけないこと。

そもそも畳は、ダニの大好物。

イ草の隙間に入り込んでは、ダニはぬくぬく過ごします。

じゅうたんもまた熱・湿気がこもりやすく、食べかすやフケがたまりやすい場所。

「畳プラスじゅうたん」というのは、ダニにとって最高の楽園です。

もし今、畳の上にじゅうたんを敷いていたら、今すぐじゅうたんをどけましょう。

押し入れに使わないふとんを入れ、閉め切っている

来客用のおふとんや、季節に合わないふとん。

押し入れに入れたままにしていませんか?

ふとんもダニが大好きな場所。

押し入れにしまったままだと、熱と湿気がこもり、どんどんダニのパラダイスとなります。

当面使わないふとんは、たまに天日干しをして乾燥を。

ふすまも、たまに開けて風を通しましょう。

ベッドの上にぬいぐるみを置いている

「ぬいぐるみ・オン・ベッド」は「じゅうたん・オン・畳」と同じ。

ダニの好きな場所を、ダブルで提供してしまっています。

ぬいぐるみもベッドも熱や湿気がこもり、フケや垢がつきやすいもの。

お子さんのベッドにぬいぐるみを置いている方は、なるべくよけてあげましょう。

家具の隙間のホコリを「見なかったこと」にしている

家具の隙間は綿ぼこりがたまる場所。

ダニが非常に住み着きやすい環境です。

掃除の際には家具を動かし、隙間もきれいにしましょう。

あらかじめ、キャスター付きの家具にしたり、家具と家具の間を広げておくのも良いでしょう。

取り込んだ洗濯ものを、畳やじゅうたんの上に置いている

せっかくきれいになった洗濯物。

畳やじゅうたんの上に置くと、そこからダニがはいあがり、洗濯物にしのびこんでしまいます。

洗濯ものは、専用のカゴなどに入れ、そこから出しながらたたむようにしましょう。

ダニ予防・退治に効果的な掃除法とは?

では、ダニ予防・退治に効果的な掃除法をご紹介しますね。

畳は毎日掃除機をかけましょう。

1畳あたり約30秒、目にそってゆっくりかけるのが効果的です。

※日革研究所

さらに効果を上げるなら、掃除機をかける前、しばらく部屋を暗くしてみて!

ダニは暗くなると出てくる習性があります。

出てきたところに掃除機をかければ、より効果的にダニを一掃できますよ。

そしてできれば、月に一度は拭き掃除を。

濡らした雑巾を洗濯機で脱水し、畳の目にそって拭いていきます。

水がポタポタ垂れるような雑巾だと、畳が湿ってしまうため逆効果。

天気の良い日に窓を開け、固く絞った雑巾で丁寧に拭きましょう。

じゅうたん・カーペット

じゅうたんやカーペットのダニ掃除は、ちょっと大変。

死骸は除去できても、生きているダニはじゅうたんの毛足にしっかり足をひっかけてるもの。

掃除機だけでは、なかなか除去できません。

まずはダニを死なせるのが、じゅうたん掃除のコツ。

ダニを薬剤で死なせてから、丁寧に掃除機をかけましょう。

掃除機の紙パックも、早めに交換しましょうね。

ダニ殺虫剤、おすすめはこれ!

「部屋にいるとかゆい」「チクチクする」・・・そんな悩みを持った人が、こぞって買っていく優秀品。

「かゆみがなくなった!」と口コミで大人気です。

ふとん

ふとんは「高温で乾燥させること」が大事。

「えっ?ダニって温度が高いと繁殖するんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

実はダニは「過度な高温」には弱いもの。

50℃以上になると、死滅すると言われています。

※NHK「だめしてガッテン! 〜今こそ!ダニ撲滅宣言〜

そこでおすすめなのが、布団乾燥機。

おふとんは、こまめに天日干しするのも大切。

でも天日干しだけでは、とても50℃以上には達しません。

布団乾燥機やコインランドリーなら高温で乾燥できるため、ダニ退治に効果が望めます。

ダニを高温で死滅させた後、掃除機を丁寧にかければ完璧です。

ふとん乾燥機、おすすめはこれ!

約65度の温風で、ダニをしっかり死滅。

ダニを退治しながら、おふとんふっくら。

「快適すぎてやめられない!」と評判です。

乾燥させた後は、こちらのクリーナーで掃除すれば完璧!

温風を当てながら掃除してくれるので、ダニ対策に効果が望めます。

クッションやぬいぐるみも洗濯・天日干しを

クッションやぬいぐるみも、ダニの温床になりがち。

こまめに洗濯・天日干しをするようにしましょう。

ダニ退治を徹底したいなら、洗う前に熱いお湯につけ、死滅させてから洗うのがおすすめ。

ただクッションやぬいぐるみはデリケート。

特に電池内臓のぬいぐるみなどは、洗うと使えなくなる可能性があります。

取扱い上の注意をよく見て、丁寧にダニ退治をしましょう。

カビ対策、効果的な方法とは?

カビは実は、ダニより厄介なもの。

空気中に舞う「カビの胞子」に触れることで、アレルギー・肺疾患・水虫などを引き起こします。

しかもカビはダニより生命力が強く、高温でも低温でも生きることができます。

ではどうすれば、カビ予防・退治ができるのでしょうか。

カビ対策のキモは浴室掃除

カビは水気の多いところが大好き。

さらにカビは「石鹸カス」も大好物。

よって、カビ対策ではまず「浴室掃除」が重要です。

カビを予防するには、とにかく「浴室の清掃・乾燥・換気」が大事。

入浴後、浴室に付着した石鹸分をよく洗い流し、壁や浴槽を拭きます。

さらに換気を心がければ、カビはかなり防げます。

浴室の換気は「2か所開けること」がポイント。

晴れた日に窓を開けるのもよいですが、1か所だけでは不十分。

きちんと換気するには、空気の通り道をつくるのが肝心です。

窓だけでなく、浴室のドアも開けておくようにしましょう。

カビが生えてしまった場合は「カビ取り用洗剤」でお掃除を。

天気の良い日に、浴室の窓を開け、まず浴室を空ぶきします。

その後、カビ取り用洗剤を噴霧し、しばらく置いた後、洗い流せばOKです。

洗剤を吹きつけた後、ラップで覆うとさらに効果的ですよ。

〇カビ取り用洗剤は、これがおすすめ!

「ニオイがキツくない洗剤」をお探しの方は、こちら。

ゴムパッキン部分など細かい場所は、ジェルタイプがおすすめです。

カビ対策は、キッチン掃除も超重要

キッチンもカビの巣窟。

水・食べ残しなど、カビの栄養となるものでいっぱいです。

キッチンのカビ予防・退治には、どんなお掃除をすればよいのでしょうか。

生ごみを放置しない

カビ対策では、まず「カビを発生させない」のがポイント。

三角コーナーや排水溝は毎日きれいにし、生ごみを放置しないようにしましょう。

調理中は換気扇をまわす

料理を作っている間、換気扇をまわすのも大切です。

調理中は火と水を使うため、熱気・湿気が非常にこもります。

カビが発生しやすくなるので、調理中は必ず換気扇をまわしましょう。

調理・掃除の後は除菌スプレーをかけておこう

調理後、鍋やシンク、コンロをひととおり掃除したら、除菌スプレーをシュッ。

キッチン用の除菌・アルコールスプレーは、すぐに揮発し拭き取る必要がないので、非常に便利です。

ただ、アルコールなので、火を使う時には絶対に使用しないでください。

「もう今日は、火を一切使わない」という時にシュシュッと吹きかけましょう。

〇キッチン用除菌スプレー、おすすめはこれ!

除菌のほか消臭効果も期待大。

キッチンにこもりがちな「イヤなニオイ」にも活用できます。

しぶといカビには塩素系漂白剤

シンク部分のカビってしぶといですよね。

こびりついたカビには、やはり塩素系漂白剤が有効。

カビキラーなどを使うと、カビを手早くとることができます。

塩素系漂白剤を使いたくない場合は、重曹とお酢で

「塩素系漂白剤はニオイが苦手」「食べ物を扱うところでは使いたくない」という人もいることでしょう。

その場合、「重曹とお酢」がおすすめ。

重曹はアルカリ性の物質で、油汚れ(酸性)を中和・分解。

さらに粒があらいため、こびりついた水垢・カビをクレンザーのように除去してくれます。

その後、お酢を含ませた布でふくと、重曹がお酢に反応して炭酸泡が発生。

泡の力で汚れが浮き上がり、取れやすくなります。

塩素系漂白剤は苦手・・・という人は、「重曹プラスお酢」を試してみてはいかがでしょうか。

カビ発生、こんな部分にも気をつけて

カビは思いもよらぬ場所にも発生。

次の3か所も、カビ対策をしましょう。

下駄箱

下駄箱は靴を全て出し、靴を乾燥。

空になった下駄箱には除菌スプレーを吹きつけ、拭き掃除します。

拭き掃除の後は、しばらく扉を開け庫内を乾燥。

靴をしまう時には、新聞紙や備長炭のシートなどを敷き、靴を並べると良いですよ。

カーテン

カーテンは窓の結露が付着するため、意外にカビが生えやすいです。

カビ退治には、酸素系漂白剤で洗濯するのがおすすめ。

なお、カーテンのなかには「水洗い不可」のものも。

洗濯表示を確認し、家で洗うのが難しそうならクリーニングに出しましょう。

エアコン

エアコンのカビは要注意!

カビが生えたまま使用すると、胞子が部屋中に散乱。

肺炎の原因などになります。

使い始めの時、ニオイを感じたらカビが繁殖している証拠。

次の手順でしっかりお掃除しましょう。

安全のため、まずはエアコンのコンセントを抜きます。

フィルターをエアコンから外し、掃除機などでホコリを吸引。

水洗いして乾燥させます。

吹き出し口は、中性洗剤を含ませた布でしっかり拭きます。

市販のエアコンクリーナーを使うのもおすすめ。

エアコン内部に噴射するだけで、汚れが取れ、エアコンの効きも良くなります。

なおエアコンによっては、エアコンクリーナーを使えない機種もあります。

クリーナーの説明書をよく読み、確認しましょう。

エアコンクリーナー、おすすめはこれ!

銀の抗菌効果と、柿ポリフェノールの消臭効果で、快適なエアコン生活をお約束。

噴射力が高いため、「効果を感じた!」との声が多いです。

さいごに

梅雨のダニ・カビ対策、いかがだったでしょうか。

どれも日常の家事に「ちょっとひと手間」加えただけ。

でもその「ちょっとひと手間」が、家族の健康を守ります。

この記事を参考にして、快適な夏をお過ごしくださいね。

-生活

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5