女性うつの原因と改善

人間関係

「女性のうつ」。40代主婦がいちばん危険?こんな症状が当てはまったら病院へ!

今、「うつ病」や「自殺」について考えている主婦の方、多いのではないでしょうか。

2020年は例年になく、著名人の自殺が多い年。

特に女性有名人の自殺を聞くと、主婦にとっても他人事とは思えません。

そこで今回は「女性のうつ」を解説。

一概に「自殺=うつ病」とは言えません。

でも今、改めて「女性のメンタルヘルス」について考えてみませんか?

この記事は、こんな人におすすめ!

  • もし「自分がうつ病になったら・・・」と不安な人。
  • うつ病の予兆・症状を知りたい人。
  • うつを悪化させないためには、どうすれば良いかを知りたい人。
  • 「うつ病かも」と思ったら、どんな病院に行けば良いのか知りたい人。

「うつ病」や「自殺」は、決して他人事ではありません。

「心の病」は誰にでも起こりますし、その場合「早期の対応」が非常に重要です。

深刻な事態になる前に、「女性のうつ」について一緒に考えていきましょう。

うつ病は、40代主婦がいちばん危ない!

「うつ病」は、「40代の主婦がいちばん危ない」と言われています。

まず「うつ病」の男女比は、女性が男性の約2倍。

しかも40代が最多。

つまり「40代の主婦は、『うつ病になる危険性が高い』」と言えます。

「えっ? でも40代だからといって主婦とは限らないでしょ? 最近は未婚の人も多いし・・・」

確かに「うつ病は40代女性に多い」=「40代主婦に多い」とは言い切れません。

でも「うつ病」のきっかけを見てみると、主婦業に『うつ』の原因が隠れていることが多いんです。

 

40代主婦は、なぜ「うつ病リスク」が高いのか。

ではなぜ「40代主婦」は、「うつ病リスク」が高いのでしょうか。

そのためにはまず、「うつ病が起こるメカニズム」から見てみましょう。

うつ病最大の原因は「ストレス」

うつ病最大の原因は、ずばり「ストレス」。

「ストレスだけが原因」というわけではありませんが、うつ病の多くは「ストレス」が原因で発症。

さらに「急激にのしかかった、一時的なストレス」よりも「長期間にわたり、蓄積されたストレス」が危険です。

なぜ「ストレス」が、うつ病の原因になるのか。

それは「ストレスは、脳機能にトラブルを発生させる」から。

うつ病は「脳の病」=「脳の働きに障害が起きて発症する病」。

「うつ病の人の脳」は、感情に関わる神経伝達物質が減り、気持ちのコントロールができなくなっているといわれています。

実は人間の脳は、ストレスを感じると「脳内の血流低下」「神経伝達物質の減少」などが発生。

「ストレスを受ける」→「神経伝達物質の分泌低下・減少」→「うつ病の発症」という図式になっていると、されています。

よって長きにわたりストレスを感じつづけると、それだけ「うつ病の危険が高くなる」と言えるんです。

40代主婦は絶え間なくストレスにさらされている!

さて、もしあなたが「40代の主婦」なら、「自分の現在」を見つめてみてください。

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • 育児が大変。
  • 子どもの成績・将来が不安。
  • 仕事と家事・育児の両立が難しい。
  • 夫が家事・育児に協力してくれない。
  • 協力してくれても、やってることがトンチンカン。任せたくても任せられない。
  • 家計が火の車。子どもの学費・老後が心配。
  • ママ友との関係にヘトヘト。
  • PTAがつらい。
  • 子供のお弁当作りで毎日早起き。ぐっすり眠れない。
  • 夫の両親とうまくいかない。
  • 親の介護が視野に入ってきた・・・。

いかがでしょうか。

このなかの1つ、2つは思い当たるのでは?

そう、「40代主婦」は常にストレスだらけ。

しかも「一時的」ではなく「常にずーっとストレスにさらされている状態」なので、「うつ病リスク」が高いんです。

ホルモンの乱れも要因に

「40代主婦がうつ病になりやすい原因」は、ストレスだけではありません。

「ホルモンバランスの乱れ」も、大きな原因に。

40代初めなら、妊娠・出産、40代後半なら更年期。

いずれにしても、40代はホルモンバランスが大きく崩れる時期です。

ホルモンバランスが乱れると「脳はホルモンを分泌せよと指令してるのに、体が追い付かない状況」に陥り、脳機能がトラブルを発生。

「うつ病になる危険が高まる」とされています。

40代主婦が、うつ病リスクが高い理由、おわかりいただけたのではないでしょうか。

「女性は男性の2倍」「40代が最多」・・・それだけで「40代主婦は、うつ病リスクが最も高い」とは断定できません。

でも「40代主婦は、うつ病になるリスクにさらされている」「うつ病予備軍である」ということは、心にとめておいた方が良いでしょう。

「女性のうつ」、予兆・症状は?

では実際に「うつ病」になると、どんな予兆・症状がみられるのでしょうか。

早期発見・治療のためにも、シグナルや初期症状を見てみましょう。

  1. 気分が1日中、ほぼ毎日落ち込む(空虚感、絶望感、憂うつな気分等)。
  2. 自分が好きなことをしても、以前のような楽しさ・面白さが感じられなくなる。
  3. テレビや新聞等を見る気が起こらない。
  4. 極度なマイナス思考に。劣等感や自責の念にさいなまれたり、悲観的になったりする。
  5. 悲しくないのに涙が出る。
  6. 仕事・趣味・スポーツ等、あらゆることに対し興味・意欲・行動力がなくなる。
  7. 動作が遅くなる。
  8. 思考力・決断力・集中力が落ち、仕事・家事能力が低下する。
  9. 声が小さくなり、口数が減る。
  10. 外出や、人に会うのが億劫になる。
  11. よく眠れない、あるいは寝すぎる。
  12. 常に焦燥感があり、周囲が見てわかるほど、落ち着きなく体を動かす。
  13. 疲労感が強い、だるい。
  14. 飲酒量が増える。
  15. ダイエットをしているわけではないのに、食欲がわかず体重減少。または過食で体重増加。
  16. 「自分には価値がない」「自分なんて死んでもよい」と思うようになる。
  17. 自殺の具体的手段を考えるようになる。

その他、「うつ病の症状」は、体のあちこちにもサインが。

頭痛・耳鳴り・めまい・肩こり・下痢・便秘・大量発汗なども、「うつ病のシグナル」とされています。

多くの人は「私はうつ病なんかじゃない」「うつ病になんてならない」と思いがち。

でも「うつ病になる可能性がゼロの人」など、いません。

今一度、「自分の心と体」に向き直り、「うつ病のシグナルがないかどうか」を見つめてみてはいかがでしょうか。

もし「うつ病かもしれない」と思ったら・・・?

では、もし「うつ病かもしれない」と思ったら、どうすれば良いのでしょうか。

まず「受診する」のがベスト!

「自分はうつ病かもしれない」・・・そう思っても、こんなことを考えていませんか?

  • 自力で解決できる。
  • 通院や待ち時間で、時間をとられるのがイヤ。
  • うつ病の治療を受けていることを、人に知られたくない。
  • 治療で効果があるとは思えない。

もしそう思っているなら、今すぐその考えをストップ。

受診を迷っているうちに、症状がどんどん重くなると、取り返しのつかない事態になります。

うつ病は早期の治療がとっても大事。

少しでも早く精神科・心療内科を受診するのが、非常に重要です。

ここでは「うつで病院を受診するポイント」を解説。

「自分は『うつ』かもしれない・・・」と思い当たったら、ぜひ解説を参考にして、相談・受診してみましょう。

「『うつ』かもしれない」と思ったら、どんな病院を選べばいい?

「私、うつかもしれない・・・」と思ったら、とにかく早く病院に行くのがベスト。

でもどんな病院に行けばよいか、すぐにはわかりませんよね。

そこで「『うつ』かもしれない」と思った時、どんな病院に行けばよいのか、解説しますね。

うつ病の疑いがあれば「精神科・精神神経科」へ

「うつ病の相談って、何科に行けばいいの? 精神科? 心療内科? 神経内科とか色々あるけど・・・」

いざ病院に行こうと思っても、「うつ病」って、どんな病院に行けばよいのか悩みますよね。

うつの疑いがあるようなら、基本的には精神科・精神神経科を受診。

特に「不安」「抑うつ」「イライラ」「眠れない」「妄想」など「心の不調」を感じる場合は、精神科・精神神経科と書かれている病院がおすすめです。

また「心療内科」でも相談は可能。

心療内科は「心理的要因で、体に不調が現れている場合」に受診するのがおすすめ。

たとえば動悸・腹痛など「体の不調」があるのに、内科で検査をしても異常無し。

「不調が始まった頃」を思い返してみると、「強いストレス」を感じた出来事が思い当たる・・・。

そのような場合には、心療内科がおすすめです。

なお「神経内科」は、神経痛やパーキンソン病などが専門。

「心の病」を主な対象とはしていません。

「強い不安・抑うつ・不眠・イライラ」など心に変調をきたしており、「うつ病かも・・・」と思うなら、基本的には「精神科・精神神経科」を受診すると良いでしょう。

病院選びのポイントは?

では精神科・心療内科・メンタルクリニックを受診する際、どんな病院を選べば良いのでしょうか。

「病院選びのポイント」を解説しますね。

「通いやすい」こと

「うつ」の相談・受診をするなら、まず「自宅から近い・通いやすい」のが重要。

うつの相談・治療は長期にわたるため、通いにくい病院だと挫折してしまいます。

アクセス・診療日・診療時間を見て、「自宅から通えるか」「仕事をしながらでも通えるか」をチェック。

「予約制で待ち時間が少ない」「自分の休日に診察している」といった病院なら、通いやすくて良いでしょう。

医師が「精神科治療専門医」であること

通いやすそうな病院を見つけたら、医師の経歴などをチェック。

「精神科治療を専門にしているか」「うつ病の相談ができそうか」などを、よく見てみましょう。

「医師が信頼できるかどうか」も、非常に重要!

どんな病気でもそうですが、「うつ病」の相談・受診・治療も「信頼できる医師を選ぶ」ことが非常に大切です。

第一チェックポイントとして挙げられるのが、「あなたの話をよく聞いてくれるかどうか」。

さらに今後の治療方針や、薬の効果・副作用等々、「患者が不安・疑問に思うこと」について丁寧に説明してくれることも重要です。

「患者の顔を見ない」「あまり話を聞かず、すぐ『うつ病』と決めつける」「自分の不安・疑問にじっくり答えてくれない」・・・そのような医師は避けたほうが無難。

ただ「医師との相性」もあるので、一度で「このお医者さんはOK(NG)」と決めつけず、何度か通ってから判断しても良いでしょう。

保健所・精神保健福祉センターに紹介してもらってもOK。

「どんな病院を選べばよいかわからない」「調べる時間も気力もない」という場合は、保健所・精神保健福祉センターに紹介してもらうのもおすすめ。

あなたの自宅から通いやすく、信用のある病院を紹介してもらえます。

病院探しが大変なら、ぜひ保健所・精神保健福祉センターなどに相談してみましょう。

参考

うつ病のことが正しくわかる本 [ 野村総一郎 ]

厚生労働省HP「知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス」

医療法人東横会「心療内科・精神科 たわらクリニック」HP

病院を受診する際の注意点は?

病院を受診する際には、次の3つを心がけるとベター。

診察がスムーズに進みますよ。

ノーメイクか薄化粧で

病院を受診する際には、ノーメイクか薄化粧がおすすめ。

医師は顔色からも病状を判断するので、「素の顔色」がわかる状態で受診しましょう。

髪はナチュラルに

病院で脳波をとる場合もあるので、髪はナチュラルに。

「ヘアスプレーでガチガチに固める」「ヘアアクセサリーをつける」等は、避けたほうが無難です。

上半身の着脱をしやすい服装で

病院を受診する際には、上半身の着脱をしやすい服装がベター。

「上下分かれた服」で「前開きのもの」がおすすめです。

「私、うつかも・・・」と思った時、病院に行くことができれば、大きな前進。

今、心の病の治療方法は日進月歩。

投薬治療で、高い効果が望める時代となっています。

「うつ病」の症状に、少しでも当てはまると思ったら、早めの受診を!

「まさか自分が」「病院に行くほどではない」「精神科に行くなんて恥ずかしい」などと思わず、必ず専門医に相談してみましょう。

「心の病」の治療を受けることは、全く恥ずかしいことではありません。

自分の人生の舵取りをする、「勇気ある誇るべき行動」なのです。

-人間関係

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5