子育て

産後うつ、どう防ぐ?症状・原因を知って良い対策法を考えよう

2018年5月、厚生労働省から、あまりに衝撃的で悲しいデータが発表されました。

調査内容は「妊娠中〜産後1年未満の女性の死亡原因」。

2015〜2016年の2年間で、妊娠中から産後1年未満に亡くなった女性の数は全国で357人。

そのうち、「自殺した妊産婦は少なくとも102人」と発表されました。

※東京新聞 TOKYO WEB 2018年9月6日 朝刊 「妊産婦死亡 1位は自殺 産後うつ ケアを」

妊産婦の死亡原因は、他に「がん」や「心疾患」などもあります。

しかしそれらの人数を上回り、死亡者の約3分の1が「自殺」というのは非常につらい現実ですよね・・・。

産婦の自殺原因は、「産後うつ」の疑いが濃厚。

産後うつは、産婦の10%〜15%がかかると言われています。

※妊産婦メンタルヘルスケアマニュアル

つまりママの10人に1人以上は「産後うつ」に。

以前、女性アナウンサーが「産後うつ」で自殺し話題となりましたが、決して珍しいことではないんです。

いったい「産後うつ」とは、どんな症状を指すのでしょうか。

そして「産後うつ」の予防・改善には、どんな対策が必要なのでしょうか。

ママはもちろん、パパも発症する可能性がある「産後うつ」。

赤ちゃんや家族が悲しい思いをしないためにも、一緒に考えていきませんか?

産後うつの症状とは?

まず「産後うつ」にはどんな症状があるのか、見てみましょう。

「産後うつ」の前兆?まずは「マタニティ・ブルー」の症状をチェック

「産後うつ」を知るには、まず「マタニティ・ブルー」を知ることが必要です。

マタニティ・ブルーとは、出産後間もなく訪れる症状で一過性のもの。

徐々に治まってくると言われています。

発症割合は産後うつより高く、「多くのママが通る道」といえます。

マタニティ・ブルーの主な症状は、以下のとおりです。

  • ちょっとしたことでイライラ・不安が募る
  • 周囲のちょっとした言葉に傷つく(子育てに関することなど)
  • 涙もろくなる。理由もないのに涙が出る
  • 眠れない
  • 疲れや頭痛がとれない
  • 集中力が落ち、考えがまとまらない
  • 子育てに自信がもてず、不安に襲われる

以上のような症状は、特に初産の女性ならしばしば起きます。

私自身、産後1週間ぐらいの時、手伝いに来ていた実母に激怒。

理由は、母が育児グッズの使い方を覚えようとしなかったから。

後になって考えれば、怒るようなことではないのですが、精神的に不安定だったのでしょう。

夫や母に対し、ものすごくどうでもよいことでイライラした記憶があります。

しかし何とか、「産後うつ」というほどの症状には至らず徐々に心は鎮静化。

気がつけば1年2年・・・と過ぎ、紆余曲折ありつつも、育児が楽になっていきました。

でもなかにはマタニティ・ブルーが長引き、症状が深刻になる人が。

そう、恐ろしいのは「マタニティ・ブルー」から「産後うつ」に移行することなんです。

「産後うつ」の発症時期・期間・症状とは?

子育ては、何と言っても「人間を育てること」ですから、不安になって当然。

わが子を愛する親だからこそ、「私に子育てなんてできるのかしら」と恐怖・不安に襲われてしまいます。

でもそれが長期化・深刻化すると「産後うつ」となり、最悪の結果を生むことになります。

「産後うつ」による自死を防ぐためには、「産後うつ」の症状を知ることが重要。

「私、産後うつなの?」

「奥さん、大丈夫かな」

「現在妊娠中。どんな症状が出たら産後うつになるの?」

予防・改善のためにも「具体的な症状」について知っておきましょう。

「産後うつ」が現れる時期・期間

産後うつの多くは、出産後2週間〜1ヶ月前後で発症。

症状は数ヶ月以上続くことが多いです。

マタニティ・ブルーは一過性といえますが、産後うつは長期化するのが特徴。

心身の状態がどんどん深刻になっていきます。

マタニティ・ブルーの症状が1週間以上続く場合は、「産後うつ」を疑ったほうが良いでしょう。

「産後うつ」の症状とは?

では「産後うつ」の具体的な症状について、見てみましょう。

  • 極度に悲しくなり、たびたび泣く
  • 無力感や絶望感がある
  • 食欲が落ちる、または過食
  • 眠れない、または過度に眠る
  • 物事に対応できず、日常生活を送ることも困難になる
  • 自分を責める
  • 赤ちゃんがかわいいと思えない
  • 赤ちゃんを過度に心配する
  • 赤ちゃんを育てる自信がない
  • 頭が重い
  • 倦怠感がある
  • 以上のような症状を持っていることへの罪悪感がある

さらに症状が悪化すると、以下の症状が現れることもあります。

  • 自殺を考える
  • 幻覚が出る
  • 暴力的思考に陥る
  • 奇異な行動に出る
  • 子供を傷つけたいと考える

自殺や虐待は、産後うつの症状のひとつともいわれています。

ではどうすれば、産後うつを予防・改善させることができるのでしょうか。

取り返しのつかない事態になる前に、一緒に考えていきましょう。

産後うつの原因とは?

産後うつの原因は、まだ明確にはわかっていません。

しばしば「ホルモンバランスの乱れによる情緒不安定」と言われますが、それは原因の端緒。

実は産後うつの原因は、もっと根深いところにありそうです。

産後うつ最大の原因は、精神的なもの。

「周囲からの抑圧」や「模範的なママになろうとすること」が、産後うつを発症させ、重篤化させていると思われます。

たとえば「産後うつ」発症のきっかけとして、「里帰りからの帰宅」が挙げられます。

実家の助けが終わり、いよいよ夫婦だけで子育てとなると不安でいっぱいになります。

ちなみに私は里帰りはしなかったのですが、実母が産後10日間ほど来てくれました。

実母が帰る際、ものすごい不安に襲われたことを未だに覚えています。

何とか「産後うつ」にまでは至らなかったものの、その時の不安感は10年以上経っても忘れないもの。

実家の助けがなくなった瞬間から「産後うつ」を発症する人が多いのも、無理はありません。

その他、「産後うつ」発祥のきっかけ・原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 「完全母乳で育てよう」と思ってしまう
  • 紙おむつを否定し、布おむつで頑張ろうとする
  • 「実家に甘えるのは子育てしてることにならない」と思い込む
  • 育児はもちろん、掃除や食事も完璧にしようとする
  • 「産後の肥立ちが悪い」「怠けている」と言われた

産後うつは、「真面目な人」や「完璧主義な人」がなりやすいと言われています。

「母乳じゃないと!」「旦那さんのために家もキレイにしておかないと!」「母親は強くないと!」「布おむつじゃないと、おむつが取れない!」

そんな風に思い込んでいると、どんどん心も身体も蝕まれ、知らず知らずのうちに深刻な状況に陥ります。

真面目で完璧主義な性格を直すのは、なかなか難しいとは思います。

でも「●●しなきゃ!」「●●じゃなきゃ!」と少しでも思ったら、ピタッと止まり、「まあいいか」と思うことが大事。

ママと赤ちゃんのためには、そんな「いい加減さ」が最も大切だと感じます。

産後うつを防ぐには?

では「産後うつ」を防ぐためには、どうすればよいのでしょうか。

具体的な対策を考えていきましょう。

できるだけ体を休める

赤ちゃんが昼寝をしている間に、家事をしようと思っていませんか?

「産後うつ」の予防には休息が非常に大事。

赤ちゃんが寝ている時は、一緒に寝てしまいましょう。

家族や友人等に助けを求める

疲れている時、困っている時に助けを求めることは、恥ずかしいことではありません。

むしろ勇気のある、賢明なことです。

家族や友人等に、いくらでも助けを求めましょう。

他の母親とおしゃべりできる場に出かける

各自治体では「赤ちゃん会」など、他の母親同士で集まれる場がもうけられています。

私も産後2ヶ月から参加。

公民館の赤ちゃん会や、NPOの子育て支援センターなどに頻繁に足を運びました。

そこで思いを吐き出しあったり、一緒にご飯を食べたり、職員の方にちょっと見てもらったりすると、ものすごく心も身体も楽になります。

信頼できるママ友もでき、育児がとても楽しくなりますよ。

一人で出かける時間をつくる

これはパートナー等の協力がいりますが、一人で出かける時間をつくりましょう。

1時間でも、近所のカフェでコーヒーを飲めたり、文庫本を読めたりする時間ができるだけで、非常に心が楽になります。

子どもが生後数か月頃になったら、夫に赤ちゃんをみてもらい、一日外出してみても。

私の母は、長兄が生後6ヶ月の時、父に子守を任せ、ひとりで皇居などを散策したとか。

私自身も子どもが生後半年の頃、夫に子どもをみてもらい、渋谷を歩き回りました。

とはいえ、つい子どもの服を買っちゃったりして、子どものことは頭から離れないんですけどね。

でも「いざとなったら私は独りの時間を過ごせるんだ。誰かを頼れるんだ」と思えることは非常に重要。

その「気づき」は、その後の育児をずっと楽にしてくれます。

周囲はママに、完璧を求めない

「産後うつ」の原因には、周囲からのプレッシャーも挙げられます。

順調に育児をしていたのに、周囲が「ミルクをあげるなんて」「実家に頼るなんて」などと言われることで、一気に「産後うつ」を発症することがあります。

ママの周囲の人は、ママを批判しないようにしましょう。

赤ちゃんのために「良かれ」と思って批判すると、却って赤ちゃんを傷つけることになります。

「産後うつ」になったら?

もし産後うつになったら、どうすればよいのでしょうか。

「産後うつ」は、まず自覚症状が出たらすぐに専門家に相談するのがいちばんです。

つい「私がうつ病なんて」「夫に協力してもらえば、すぐ治る」などと放置しがちです。

メンタルのことで病院に通うことに、抵抗がある人も多いことでしょう。

でも産後うつは「気のせい」ではなく、れっきとした「病気」。

普通の病気と同じく、早いうちに専門家に相談するのが重要です。

  • 各自治体の保健師・助産師
  • かかりつけの産婦人科医
  • なかなか軽快しない場合は、精神科医

現在、「産後うつ」予防の健診費を助成する動きが出ています。

悩みを相談することは、恥ずかしいことではありません。

とても勇敢で賢明な行動です。

「もしや」と思ったら、ためらわずプロフェッショナルに相談してみましょう。

さいごに

産後うつは、今や世界的な問題となっています。

ママ自身も、そして周囲の方々も、どうかなるべくおおらかに、体を休めながら、ゆっくり育児をしてください。

フェイスブックで「素敵なママライフ」を送っているように見える友達も、実は育児には悩んでいます。

「他のママはできるのに、私はできない」なんて思い込みは、はっきり言って幻想。

みーんな育児は不安でいっぱい。

「絵にかいたような素敵ママなんて、この世に存在しない」と思っておいたほうが良いです。

でももし恐怖や不安感、絶望感に襲われたり、頻繁に涙が出るようならすぐに相談を。

早めに対策をとれば、回復も早くなります。

「産後うつ」は決して恥ずかしいことではありません。

つらかったら、いくらでも助けを求めましょう。

大丈夫、必ず誰かがあなたを助けてくれますよ。

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5