子育て

子供のバイリンガル教育で失敗しないオススメな方法「同時通訳」

奥さんが日本人、旦那さんがアメリカ人、2歳のハーフの娘を持つ主婦Kさんの、「ハーフのお子さんを持つ方によくある言葉の教育方法」について。同時通訳をする事で英語と日本語の教育バランスをとられています。

アメリカでの日本語&英語のバイリンガル子育て

私の家族構成は私が日本人、夫がアメリカ人なので、2歳の娘はハーフです。将来、娘がどちらの国に住むかは(国籍の問題もあり)本人の意思で決めさせたいため、バイリンガルになるように育てています。

私は日本語も英語もネイティブとして話せますが、英語については十代の頃に自力で身につけたので、日本人が外国語を学ぶ際の辛さがよくわかっています。

なので、娘には頭の柔らかい今の間に出来るだけ英語と日本語に興味を持ってもらい、吸収してほしいと考えています。

同時通訳から英語と日本語両方を早く学ぶ

バイリンガルを目指す親によくある方法ですが、お母さんは日本語だけ話す、お父さんは英語だけ話すというのがあります。夫始め、夫の親たちは全く日本語を話せないので、この方法だと私との意思疎通が同時にできません。

そして、家族の中での私の疎外感が出てしまうので娘にも良くないと思い、現在は私が同時通訳のように、英語も日本語も早めに同時に話すことを率先しています。

子供はすぐ言葉を覚えていくので、4、5歳になったらこれも必要なくなると思いますが、現在いろいろな名詞や動詞など必要最低限の言葉を覚えては話すようになったので、今が時に有効だと思っています。

例えば、動物園に行った時に動物の名前を日米両方で教えるほか、「ライオンの親子が遊んでいるね」、などの様子も私が両方の言葉でその場で言います。

ほかの人からしたら、私が喋り捲っている感じになっていますが、娘は興味があればそれなりに聞いているようで、アメリカのおばあちゃんの言うことも、日本のおばあちゃんがスカイプでお話しすることも両方理解し、自分から話す時は英語日本語使い分けて説明している時も多々あります。

将来の子供の可能性を考え基幹言語を英語に

小学生になれば日本語補習校などに行かせるのもありですが、それまでに「基幹言語」を英語として、そして、同じ量の日本語のボキャブラリーも身につけさせてしまえば、その後抵抗なく伸びていってくれるのではと思っています。

英語を基幹言語にすれば、そのほかヨーロッパ系の言語も学びやすいので、高校、大学になったらスペイン語やドイツ語、ロシア語なども身につけて、いろいろ可能性を増やしてくれればと思います。

まとめ

子供の年齢に合わせ、英語と日本語のバイリンガル教育方法をチェンジしている主婦Kさん。子供の将来の事を考え、早い段階から子供の言語について対処している所が素晴らしいですね。

日本で住んでいる場合と海外で住んでいる場合とでは、環境が違ってきますが、子供にとってよりよいバイリンガル教育方法がいいか色々な事を試す余地がありそうです。

Kさんのような同時通訳は親の立場からすると、大変な事かもしれませんが自分の子供のためなら何でもできる!ではないでしょうか。

 

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5