ママ友との関係

人間関係

ママ友と友好関係を築くには?トラブルに遭わない3つのコツ

妊婦さん、そして、お子さんがまだ小さいママさん。

「ママ友が怖い」と思っていませんか?

そう思うのも当然。

ネットでは、毎日「ママ友トラブル」が流される日々。

「仲良しだったママ友が、突然口を利かなくなる」

「ママの間で、自分の悪口が出回っていた」

「他のママに会うのがイヤで、授業参観に出られない」

そんな声を聞くと、「ママ友が怖い」と思ってしまいますよね。

でも安心してください。

実は私、ママ友トラブルに遭ったことがありません。

子どもはもう中学生ですが、いわゆる「ママ友」で、イヤな思いをしたことが本当に1つもないんです。

だからと言って「ママ友」がいないわけではなく、本当に素敵なママばかりに恵まれてきたな・・・と感謝感謝の毎日です。

なぜ私が「ママ友トラブル」に遭わずにすんだのか。

自分の行動を振り返り、考えた結果、「3つのことを心がけたおかげ!」という結論に。

ちなみに私の身近でも、「ママ友トラブル」を聞いたことは一切無し。

ママ友と友好関係を築ける人は、私と同じく「この3つ」を心がけている気がします。

この記事では、そんな「ママ友トラブルに遭わない3つのコツ」を大公開。

  • 「現在妊娠中。ママ友トラブルが不安」という人。
  • 「保育園、幼稚園、小学校・・・ママ友トラブルに巻き込まれませんように・・・」と願ってる人。
  • 「現在、ママ友トラブルに悩んでいる」という人。

ただでさえストレスMAXな子育て。

無用なママ友トラブルを避けるためにも、ぜひ、これから紹介する「3つのコツ」を心がけてみてくださいね。

【ママ友トラブルに遭わないコツ:1】最終的に「家族さえいればいい」と思う

「あんな人なら、ママ友トラブルに遭わないよな~」

「ママ友トラブルとか、どこ吹く風って感じ・・・。あんな風になりたいな~」

そう思ってしまう人って、いませんか?

「ママ友トラブルと無縁な人」には、ある共通点があります。

それは「人に嫌われることを恐れない点」です。

人間関係の悩みって、詰まるところ「みんなに良い顔をしようとするから」だと思いませんか?

ママ友トラブルも、「何かを依頼されて断れない」とか「悪口の同意を求められた」などが発端。

いずれも「相手に良く思われようとする」から、ややこしくなるんです。

この際だからハッキリ言いますが、私は「家族に嫌われなければ、それで良し」と思っています。

だからと言って「家族以外の人を軽視する」というわけでは、決してありません。

どんな人も「誰かにとって大切な人」。

よって誰に対しても、礼節をもって接するべし。

だからと言って「好かれなくちゃ」と思う必要は無し。

最終的には「私は夫と子どもさえいればよい」「夫と子どもに嫌われなければ、別にいい」と思えば、アラ気楽。

「気が重くなる依頼をされた」

「悪口の同意を求められた」

「他のママさんに冷たくされた」

そんなことがあっても「家族にさえ嫌われなければいい」と思えば、蚊に刺されたほどのダメージも無し。

「自分が辛くなる依頼」を断れますし、噂・悪口の同意を求められても「私はそうは思わない」と言い切れます。

気まずくなりそうなママに対しても、「私には家族がいる!」と思えば、余裕を持った態度で接することができますよ。

「ママ友トラブルと無縁そうなママ」を、よ~く見てみてください。

すがすがしいほど、頼みごとを断ったり、自分の意見を言ったりしてるはず。

それは「人に嫌われるのを恐れてない」から。

ママ友トラブルを回避するには、「人に嫌われるのを恐れない。家族さえいればそれでいい」と思うことが大切です。

【ママ友トラブルに遭わないコツ:2】自分は「デキる人間」と思い込む

ママ友トラブルで多いのが、「意地悪ママに絡まれる」ということ。

そんな人に目をつけられないようにする「最強の方法」は、「自信をもつこと」です。

一般に、意地悪な人は「弱い人がオドオドする姿」を見るのが大好き。

「自分より弱い」と思う人が、ビクビクする姿をエサにして生きています。

よって、ママ友トラブルを避けるには「堂々としていること」が大事。

無理やりにでも「私はデキる人間」と思い込みましょう。

たとえば幼稚園や小学校の役員や、何かの集まり・サークル・話し合いでは、自分が主導権をとるのが重要。

少しでも「こうした方がいいんじゃないかな~」と思う提案があるなら、「ねえ、こうしない?」と先手を打っちゃうんです。

「自分が意見を言って、批判されたらどうしよう」と不安になるかもしれませんが、心配ご無用。

たいていの人は「誰かが意見を言ってくれるのを待っている」ので、歓迎されるもの。

また、あなたがイニシアティブをとることで、意地悪ママは「この人には手出しできない。逆らわないほうが得」と計算します。

「ママ友トラブル」を避けるには、「おとなしくしている」のはNG。

「自分はデキる」と自己暗示をかけ、堂々とするほうが断然効果的なんです。

なお、さらに「ママ友トラブル回避効果」を上げたいなら、「自分の意見を否定されても落ち込まない」のがコツ。

他者の意見も敬い、「そういう考え方もあるね!」「良い提案だね!」などと言えば、周囲のママはあなたに傾倒。

「君子豹変す」の言葉どおり、あなたを「君子」と敬い、誰もあなたに手出しできなくなりますよ。

【ママ友トラブルに遭わないコツ:3】「一生懸命やるからこそ楽しい」と思う

ママ友トラブルが起きやすいのが、委員・役員活動。

私もPTAや卒対など様々な委員・役員を経験しましたが、特にトラブルは無し。

和気あいあいと楽しく、活動することができました。

そこで心がけたのが「一生懸命やること」

さらに言うと「一生懸命やるからこそ、楽しい」と自分に言い聞かせて、活動していました。

自分の学生時代や部活動などを振り返り、わかったのですが、人間って「怠けてる人」が嫌いなんじゃないかな?

「怠けてるのに、旨味だけ吸ってる」みたいに感じられる人を、人は嫌うのではないか・・・。

そんな気がするんです。

逆もまた然り。

人は基本的に「一生懸命取り組む人が好き」なんです。

あなたの職場でも、こんな人はいませんか?

オフィスの引っ越し作業で、腕まくりして一生懸命働く人。

ファイルや本棚、書類の整理といった雑務を真剣にやる人。

そういう人は、職場で間違いなく好かれ、信頼されてるはず。

よって「ママ友トラブル」を避けるには、何らかの活動を引き受けたら「一生懸命やること」が大事。

そのためには「物事は、一生懸命やるからこそ楽しい」と思うのが肝要です。

保育園・幼稚園・学校などで、何か係を引き受けたら、1年だけでも「一生懸命」やってみてください。

「一生懸命やれば、この活動は楽しくなる」と思い込んでみてください。

周囲のママ友は、あなたを信頼するはず。

万が一、今後「あなたにまつわる心ない噂・悪口」が流れても大丈夫。

「あの係を一生懸命やってくれたのだから、良い人のはず」と、みんながあなたを信じてくれますよ。

【ママ友トラブル回避、この本がおすすめ!】

では最後に、「ママ友トラブル」の回避・解決に「効く本」をご紹介。

育児の合間に、ぜひパラパラと読んでみてください。

ママ同士の人間関係が、楽になるヒント満載ですよ。

「東大名物教授がゼミで教えている人生で大切なこと」伊藤元重

東京大学経済学部教授(当時)・伊藤元重さんが、「人生の戦略」について解説。

「戦略」なんて聞くと「難しそう」と思うかもしれませんが、ぜひ気楽に読んでみて!

伊藤先生が言う「人生の戦略」とは、「自分にとって大切なもの」を叶えるツール。

あなたにとって一番大切のもの、それって「ママ友」ですか・・・?

本書を読めば「なんだ、ママ友の悩みなんて、たいしたことないじゃない!」「私にとって一番大事なものさえ守ればいいんだ」と、心が明るくなっていきますよ。

「逆ソクラテス」伊坂幸太郎

教師や同級生による「いじめ」を、意外な方法で見事リベンジ!

「ママ友トラブルに巻き込まれそう」「あのママに会うのが憂うつ」・・・そんな渦中にいるのなら、ぜひ読んでみてください。

たった一言で撃退でき、心の中で「スカッとボタン」を押しちゃいますよ。

「友だち幻想」菅野仁

「他のママと会うのがつらい」「ママ友づきあいにホトホト疲れた」と思ったら、必読。

「なぜあんなことで悩んでたんだろう?」と、憑き物が落ちたようになります。

本書を通じて「孤独」を恐れなくなった時、本当に心安らげる「ママ友」、ひいては「一生の友」ができるはず。

お子さんの「人間関係の悩み」にも効果絶大の、「ベスト・オブ・名著」です。

「女の子どうしって、ややこしい!」レイチェル・シモンズ

どストレートなタイトルに、「本当にそう!」と膝を打つ人もいるのでは?

「女同士の人間関係がこじれる原因」が、人間の深層心理にまで突っ込んで書かれており、ハッとさせられます。

心の奥に潜む「女同士が難しい理由」がわかれば、解決の糸口が見つかるはず。

「ママ友トラブル」はもちろん「わが子(特に女子)のトラブル」回避・解消にも、役立つ一冊ですよ。

さいごに

「ママ友トラブルに遭わない3つのコツ」、いかがでしたか?

「自信をもって」「嫌われることを恐れないで」・・・なんて、難しいと思うかもしれませんね。

でもあなたは現に、「子育て」という大変な仕事をしているのですから、自信をもってよいんです。

そして「子どもがいる」ということは、あなたはすでに「誰かにとってかけがえのない人」。

あなたを愛している人、好いてくれている人が、世の中に最低1人はいるんです。

だから誰でも、「ママ友トラブル回避」は可能。

自信をもって、笑顔で育児をしてくださいね。

大丈夫、あなたならできます!

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-人間関係

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5