美容

「痩せるおやつ」オススメランキング!ヘルシースナッキングでガマンしないダイエット!

女性の皆さんに朗報です。

何と「おやつでやせる」時代がやってきました!

  • 仕事中、お腹が空いてイライラ。
  • ダイエット中のせいか頭が働かない。でも食べるのはイヤ。
  • 授乳でお腹がペコペコ。でもおやつを食べると太るし・・・。
  • 出産前に着ていたあの洋服、また着たいから「おやつ」はガマン!

「おやつ」に対して、そんなジレンマを抱えていませんか?

「食べた〜い、でも痩せた〜い」と悩むあなたにおすすめなのが、「やせるおやつ」=「ヘルシースナッキング」。

ヘルシースナッキングの原則を守れば、「おやつで太る」を十分避けられるんです。

おやつで悩んでいた皆さま、もう心配することはありません。

ヘルシースナッキングで、もっと輝くあなたに変身しましょう。

実は「おやつ」はダイエットの味方だった!

「おやつはおデブのもと」というのは、古い時代の考え方。

実は「おやつ」は、ダイエットの味方。

おやつを我慢するほうが、「おデブ」になる可能性が高いとすらいえるんです。

では、「おやつがダイエットの味方である理由」を説明しますね。

夕食のドカ食いを防げる

おやつを我慢して、夕食を「待ってました!」とばかりにドカ食いしていませんか?

実はドカ食いはおデブのもと。

空腹の後にドカ食いをすると、ブドウ糖が血管内に一気に取り込まれます。

この時、血糖値がグーンと急上昇。

血糖値が上がると、インスリンがどんどん分泌。

インスリンは血中に流れたブドウ糖を筋肉などに送り込み、エネルギーにしていきます。

しかしインスリンの働きは、それだけではありません。

流れ出したブドウ糖を、脂肪細胞に供給。

その結果、体脂肪を増やしてしまうんです。

インスリンの過剰分泌は、おデブのもと。

夕食でインスリンをドバーッと出さないためには、昼食と夕食の間におやつを食べ、血糖値を安定させることが必要です。

夜のドカ食いを防ぐためにも、適度におやつをとりましょう。

「燃えやすい=太りにくい体」に導く

食べないダイエットを試みて、なかなかやせなかった経験はありませんか?

やせるためには、脂肪を燃やすエネルギーが必要。

そのエネルギーこそが「おやつ」です。

おやつを食べると、吸収された栄養素の一部が体熱となり代謝がアップ。

燃えやすい=太りにくい体に導いてくれます。

腸が動いて、体スッキリ!

女性の便秘、原因の多くは「少食によるダイエット」

食べなければ便のもとが作られないのですから、「出ない」のも当然ですよね。

おやつは便のもとを作り、腸を動かす働きが。

詰まった身体をスッキリさせます。

何を食べてもいいってわけじゃない!このおやつはダメ!

「そっか〜、おやつでダイエットにいいんだ!」なんて思って、ドーナツやクッキー、菓子パンなどをバクバク食べていませんか?

おやつがダイエットに良いからといって、何を食べても良いわけではありません。

そこでまず「NGおやつ」をご紹介。

「こんなおやつでは、せっかくのダイエットも水の泡・・・」という「NGおやつ」とは何でしょうか?

粉もの・糖質が多いもの

「おやつ」と聞いて、真っ先に思い浮かべたものは何ですか?

おそらくそれらは全て「NGおやつ」です(違ってたらごめんね)。

例をあげると・・・

  • 菓子パン
  • ドーナツ
  • クッキーなどの焼き菓子
  • おせんべい
  • おまんじゅう等の和菓子

パンやお菓子類など小麦粉・砂糖が多く含まれるものはNG。

血糖値が上がり、インスリンが大量に分泌。

脂肪細胞が増えてしまいます。

また小麦粉に含まれるグルテンは、非常に中毒性のあるもの。

「パン屋さんの前を通るとフラフラ〜・・・」と吸い寄せられてしまう人、コンビニでつい小さい洋菓子・和菓子を買ってしまう人は要注意です。

果物も油断は禁物!

果物はヘルシーなイメージがありますが、糖質が多め。

食べ過ぎると血糖値が急上昇してしまいます。

脂肪細胞を増やさないためにも、フルーツも控えめにしましょう。

ヘルシースナッキングができる「OKおやつ」とは?

「じゃあ、どんなおやつを食べればダイエットできるのよ!」とお怒りのあなたに、「OKおやつ」をご紹介。

ヘルシースナッキングを実現するなら、こんなおやつがおすすめです。

食物繊維が多い

ダイエットといえば食物繊維。

おやつにも、食物繊維を多くふくむ食材を選びましょう。

特におすすめなのが、キノコ類やアボカド、納豆、ピュアココアなど。

食物繊維が豊富で糖質が低いので、ダイエットに最適です。

ドライフルーツは食物繊維は多いですが、糖質も多いのでほどほどにしましょう。

たんぱく質が多い

ダイエット失敗の原因は、たんぱく質の摂取量が少ないこと。

「やせたいから・・・」とお肉やお魚を食べないと、やせないだけでなく体調も崩してしまいます。

「結果にコミットする」と評判のスポーツクラブも、たんぱく質の摂取を推奨。

肉類・鮭・卵・チーズなどをおやつに採り入れ、しっかりたんぱく質を摂りましょう。

噛みごたえのあるもの

おやつでダイエットするなら、硬くて噛みごたえのあるものをチョイス。

柔らかい食品だと、ヒョイパクヒョイパクと食べ過ぎてしまいます。

昆布や豆類など硬いものを選び、食べ過ぎを防ぎましょう。

ヘルシースナッキングにおすすめのおやつランキング!

ではいよいよ、「ヘルシースナッキングにおすすめのおやつランキング」を発表!

やせたい、きれいになりたい、プチ不調を治したい、イライラを解消したい・・・。

そんな女性におすすめの「おやつ」を一挙にご紹介しちゃいますよ!

第10位「あたりめ」

たんぱく質が豊富で、糖質はほぼゼロ。

噛みごたえもあり、ダイエットおやつにおすすめです。

「あたりめ」を選ぶ際には、味つけなしの「素焼き」をチョイス!

甘味がつけてあるものは避けましょう。

第9位「高カカオチョコ」

「えっ?チョコレートがダイエットにいいの?」と、思わず聞き返しちゃいますよね。

実は高カカオのチョコは糖質が低めなので、ダイエットにおすすめ。

また、カカオポリフェノールは抗酸化力が高いため、エイジングケア効果も期待できます。

食物繊維が多いのも高ポイントです。

でも食べ過ぎには注意してね。

第8位「キウイフルーツ」

キウイは栄養バランスが非常に良い果物。

不溶性食物繊維が非常に多いので、糖質の吸収をゆるやかにします。

ビタミンCも多く、お肌の悩みにもアプローチします。

第7位「サラダ豆」

ひよこ豆や大豆、赤いんげ豆などが入ったサラダ豆。

不溶性食物繊維が多く、体スッキリをサポートします。

酢や塩で薄く味つけしてあるので、満足感もあります。

第6位「無糖ヨーグルト」

たんぱく質が豊富で、糖質も低いのでおすすめです。

ヨーグルトは腸内環境を良くし、美肌効果も期待大。

積極的にとりたいおやつです。

なお、加糖ヨーグルトはNG。

あくまで「無糖タイプ」を選びましょう。

第5位「ゆで卵(うずら)」

完全栄養食の卵。

一見、太りそうに見えますが、糖質がほとんどないのでヘルシースナッキングに最適です。

高たんぱく・低糖質で、さらにアミノ酸が豊富なのでエイジングケアにもオススメです。

第4位「小魚」

小魚は噛みごたえがあるので、食べ過ぎないのが魅力。

低糖質なうえに、EPA・DPA、カルシウム、ミネラル、ビタミン類も豊富。

鉄分も多いので、貧血気味の女性にもおすすめです。

第3位「ささみのスモーク」

ささみは高たんぱく・低糖質・低カロリーの三拍子。

ビタミンB群も多いため、疲労回復・免疫力アップの効果が期待できます。

噛みごたえがあり、風味も良いので満足感も合格点。

ヘルシースナッキングに非常にオススメです。

第2位「チーズ」

たんぱく質豊富で低糖質。

うま味もある優秀食材です。

カルシウムも多いので、骨粗しょう症予防の対策にもおすすめです。

種類も豊富なので、色んな味を楽しみながらヘルシースナッキングができます。

第1位「ナッツ類」

ヘルシースナッキングにおすすめのおやつ、堂々の第1位は「ナッツ」!

くるみ・アーモンド・マカダミアナッツ・ピスタチオ・ヘーゼルナッツ・・・。

全て「ダイエット中に食べたいおやつ」にピッタリです。

ナッツ類は糖質が低めで、噛みごたえバッチリ。

ビタミンEやビタミンB群も多いため、エイジングケアや疲労回復に良いとされています。

さらにナッツ類最大の魅力は、良質の脂を含むこと。

くるみに多く含まれるオメガ3脂肪酸は、血液サラサラ・美肌効果が期待できます。

またマカダミアナッツに多い不飽和脂肪酸は、血管強化や中性脂肪・コレステロールを下げる作用があるとか。

ナッツ類は美容・健康に良く、しかもポリポリおいしい「最強おやつ」。

職場に常備できるのも嬉しいですね。

なお、ナッツ類を買う際には「素焼き」のものを選びましょう。

塩や油がまぶしてあると、美容・健康効果がダウンしてしまいますよ。

「そうは言っても、やっぱりお菓子が食べたい!」というあなたには、こんなおやつがオススメ。

「ダイエット中でもおやつを食べられるっていうから期待して読んだら、あたりめだの小魚だの・・・。

私はそんなもの求めてないんだよ!」とお怒りの方もいることでしょう。

でも、世の中そんなにうまい話はありません。

おやつを食べてやせるためには、ある程度の我慢は避けられません。

それでもどうしても「お菓子っぽい」ものを食べたい方には、こんなおやつがオススメです。

グリコ「SUNAO」バニラソフト

豆乳使用・砂糖不使用・糖質50%オフという「ソフトクリーム界の風雲児」。

食物繊維も豊富なので、ヘルシースナッキングにおすすめです。

夏のおやつはこれで決まり!

キング製菓「卯の花クッキー」

ダイエット中でも食べられるクッキー。

国産小麦粉に、おからと豆乳を配合。

食物繊維豊富・超低糖質というダブル効果で、ダイエット中のあなたを支えます。

DHC「ヘルシー大豆スナック」

スナック系など、辛めのお菓子が好きな人におすすめ。

あのDHCが放つ、ヘルシーおやつです。

ノンフライで作られているので、カロリーも低め。

食物繊維豊富で噛みごたえもあるので、ダイエットおやつとしてピッタリです。

さいごに

ヘルシースナッキングについて解説してきましたが、いかがでしたか?

「意外と厳しいなあ」と思う人もいれば、「こんなに色々食べられるんだ!」と思う人もいることでしょう。

いずれにしても、「ダイエット中だから間食は厳禁!」と自分を縛る必要はなし。

「低糖質」「食物繊維豊富」「噛みごたえあり」等々の条件をクリアすれば、おやつを食べて良いのです。

最近はコンビニでも、ヘルシースナッキング向けのおやつがどんどん登場。

「食べた〜い、でもやせた〜い」と悩む女性を応援してくれています。

楽しくおいしく美しく、「おやつライフ」を楽しみましょうね。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-美容

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5