子育て

実録!小学生の塾選び。体験してわかった「良い塾の選び方」とは?

「子どもの学習塾、どんな塾を選べばいいの?」

そんな悩みをお持ちではありませんか?

実は私もその一人でした。

そして今、「私の塾選び、間違ってなかった!」と毎日実感。

塾を決めるまでいろいろありましたが、「この塾にして本当によかった・・・」と思っています。

では「この塾にして良かった!」と思える塾を選ぶには、どんなポイントをみればよいのでしょうか。

私や、子どもを難関中学に通わせる友人たちの体験から、「塾選びのポイント」をお伝えしますね。

塾選びの手順とは?

ではまず、「塾選び」から「決定」までの手順を説明します。

体験に基づいてるので、ぜひ参考になさってください。

塾選びはまず「塾に行く目的」からスタート

塾選びのスタート地点は、まず「塾に行く目的」から。

  • 中学受験をさせたい
  • 難関校に行かせたい
  • 中堅校でも良いから、私立に行かせたい
  • 中学受験はしないけど、高校は進学校に行かせたい
  • 学校の授業についていけるようにしたい
  • 学校とは違う世界・学び方を知ってほしい

塾選びでは、まず上記のような「目的」に沿って探すのが重要。

たとえば「難関中学に行かせたい!」と思うなら、「一流校合格の実績がずば抜けている塾」へ(関東ならS●PIX、関西なら浜●園など)。

「中学受験はしないけど、高校は進学校に行かせたい」という場合は、中学受験コースの他に「高校受験コース」「公立中学進学コース」を設けている塾がおすすめ。

「学校の授業についていけるようにしたい」なら、個別専門塾や、集団授業のほかに個別授業ももうけている塾が良いですよ。

塾に資料請求を

塾に行く目的がある程度定まったら、当てはまりそうな塾に資料を請求します。

あまり絞り込まず、考えられる限りの塾に資料請求しましょう。

塾のコンセプト・時間割・費用・距離など、様々な面でできるだけ多くの塾を比較するのが大切です。

「距離が遠くて通えない」「時間の都合がどうしてもつかない」など物理的に無理な場合は別ですが、それ以外の塾にはバンバン資料を請求しましょう。

入塾テストを兼ねた模試・説明会に行くのもおすすめ

最大手クラスの塾になると、入塾テストを兼ねた統一模試を行なっているところもあります。

まずは試験を受けてみて、「その塾が求めるレベル」も見ておきましょう。

なお難関校向けの塾は、入塾テストも超ハイレベル。

いくら保護者はお子さんが希望しても、門前払いの可能性もあります。

でもそれはそれで、お子さんの現時点での位置がわかるもの。

受ける価値はおおいにあります。

また「どうしてもこの塾に入れたい!」という場合は、再挑戦も可能。

「お子さんの学力レベルがわかる」「志望校をだいたい決められる」「入れたい塾の、入塾テストの傾向・対策がつかめる」

その意味で、入塾テストや統一模試を受けるのはおすすめです。

また塾によっては、テストの間に保護者説明会が行なわれるところもあります。

カリキュラムや、塾での生徒の様子などもわかるため、ぜひ参加しましょう。

面談・体験授業はすぐに決めるのが吉

さて資料請求をしたら、光の速さで塾から電話が来ます(塾業界は仕事早いです!)。

そこでたいてい言われるのが、体験授業や面談の案内。

「面談や、無料の体験授業を受けてみませんか? 受けるならいつが良いですか?」などと聞かれます。

「いきなり体験授業や面談なんて・・・そこまで意思が固まってないのに」と怖気づくかもしれません。

でもそこは思い切って、申し込むのが吉。

百聞は一見に如かず。

実際に塾に赴き、お子さんに授業を経験させたり、親が塾長等と実際に話すのが「塾選び」では最も重要です。

都合があう日程・時間があれば、その場でスピーディーに体験授業や面談の日程を決めてしまいましょう。

面談・体験授業の前には、資料を読み込んでおこう

ちなみに電話の翌日頃には、入塾案内の資料もドサッと送ってきます。

面談や体験授業までに資料を読み込んでおき、コース・費用・時間割などをチェック。

該当ページに付箋などを貼っておきましょう。

そうしておくことで、面談での話し合いがスムーズに進みます。

いざ体験授業へ!複数の塾で受けるのがポイント

いよいよ体験授業へ。

これは既存の生徒と一緒に、授業を受けるもの。

「1ヶ月まるまる無料体験」や「各科目1回ずつ無料体験」など、塾によってスタイルは異なります。

また「完全無料」の塾もあれば、「テキスト代(1,000円程度)のみ有料」という塾もあるので、塾側によく確認しましょう。

体験授業は日程・時間が許す限り、なるべく多くの塾を受けることが重要です。

複数の塾を体験することで、「子どもに合っているか否か」がありありとわかります。

「あの塾は『間違えた人、手を挙げて』とか言ってくるのがイヤだ」

「この塾は先生の教え方がわかりやすくて、すごく楽しい!」

「あそこは生徒同士がピリピリしてる。ここは生徒同士が仲良しで居心地がいい」など、子どもはきちんと「自分なりの目線」で「この塾が合っているかどうか」をキャッチしてきます。

お子さんの報告によ〜く耳を傾けて、いざ「塾決定」に進みましょう。

いよいよ塾決定へ!

面談・体験授業・入塾テストなどを受けたら、いよいよ塾決定へ。

受けたいコースや科目、受講の仕方やセキュリティシステム、授業料の金額や支払い方法などを確認し、入塾の申し込みをします。

もし複数の塾の体験授業などを受けていた場合、1つの塾に決めたら、もう1つの塾にはなるべく早く「断り」の連絡をしましょう。

なかには「体験授業を受けたら断りにくい・・・」という人もいるかもしれませんが、大丈夫。

意外とあっさりと承諾してくれます。

遠慮せず、あなたや、あなたのお子さんの意思を通しましょう。

!塾選びの手順・ワンポイントアドバイス!

さて以上が「塾選び」の一連の流れですが、ここでワンポイントアドバイス。

塾選びは、「とりあえず大手から取り掛かる」のがおすすめです。

大手塾を見学すると、まず「一般的な塾のスタイル」がわかります。

その「一般的なスタイル」を「塾選びの指標」とし、順に中・小の塾へ。

大・中・小と見ていくことで、「塾のカラー」が細かいところまで見えてきます。

(たとえば「体育会系かゆるやか系か」「一流校ねらいか否か」など)

「塾のカラー」が見えれば、「自分の子に向いている塾」も判明し、満足のいく塾選びができます。

最終的に小さな個人塾に行くにしても、まずは大手から見学を。

「一般的なスタイル」を見てから、中規模・小規模を見ていくと、塾の個性がはっきりわかり選びやすくなりますよ。

塾選びのポイントは?

ここまで、塾選び・塾決定のプロセスについて説明しました。

でも、まだ「どこを見て塾を選べばいいの?」と不安な方もいますよね。

そんな方のために、「塾選びのポイント」をお伝えしますね。

お子さん・あなたの志向に合っているか

塾選び最大のポイントは、「お子さん・あなたの志向」に合っているか否かです。

「絶対に中学受験したい!させたい!」と思うなら、中学受験で実績のある塾に。

「中学受験はしないけど、高校受験で進学校に行かせたい」と思うなら、高校受験も視野に入れた塾がおすすめです。

中学受験をしないお子さんを、「中学受験専門塾の公立中コース」などに入れると、はっきり言って塾代のムダ。

クラスにも先生にも活気がなく、片手間感が否めません。

もし中学受験をしないなら、「中学受験コースもあるけど高校受験コースもしっかりある」という塾、あるいは「小学生のうちから高校受験の準備をさせる塾」がおすすめです。

お子さんの性格・希望に合っているか

塾によってカラーはさまざま。

体育会・スパルタ系の塾もあれば、わきあいあいとした牧歌的な塾もあります。

前者が向いている子もいれば、後者が向いている子も当然います。

体験授業などを通し、お子さんの性格・希望に合った塾にしましょう。

人数が、お子さんの希望に合っているか

塾選びで気になるのが、クラスの人数。

多くの保護者は「人数が多いクラスで切磋琢磨してほしい」と思っています。

でもお子さんによっては「人数が多いとプレッシャー」「人見知りだから少人数のほうがいい」という子もいます。

その場合、お子さんの希望にそうのがおすすめ。

「小人数じゃ伸びないのでは・・・」と不安になりますが、まずはお子さんが安心して通えることが大切です。

「人数が多い方がいい!」というお子さんは大人数の塾へ。

「少ない方が気が楽」というお子さんは、小人数や個別塾がおすすめです。

体験授業のフォローが丁寧か

今や多くの塾が無料体験授業をしてくれますが、授業後のフォローは塾によってさまざま。

面倒見の良い塾だと、体験授業後、お子さんの様子などを細かく報告してくれます。

そういう塾だと、子どもは塾を楽しめる様子。

体験授業後、先生がお子さんの様子を聞かせてくれるような塾は、本当におすすめです。

時間割に余裕があるか

下校後、塾に行くまでの時間に余裕があるか否かも重要です。

塾までの距離や授業開始時間、曜日などから「下校後、余裕をもって塾に通えるかどうか」もよく考慮しましょう。

毎度あわてて行って、事故にでも遭っては元も子もありません。

親が送迎をするにしても、時間に余裕がもてる塾がおすすめです。

お弁当がいるか否か

中学受験をする場合、「塾弁」がいるか否かも重要です。

お弁当がいる塾なのに、共働きなどでお弁当が難しい場合、コンビニなどで買えるかどうかも要確認。

塾での夕食が難しい場合、家で夕食を摂るよう時間が設定されている塾(遅くとも19時には授業終了等)にしましょう。

一人でも通える場所にあるか

塾は駐輪場がないところも多いです。

また雨の日などを考えると、徒歩でも通えるところがおすすめです。

なお5年生以上になると、バス・電車で1駅ぐらいなら通える子も多いです。

親が送迎する場合でも、「あまりに遠距離」「不便」な場合は通うのが大変。

一人でも通える場所にある塾が無難です。

体験授業後、子どもの表情がイキイキしているか

一番重要なのがコレ。

うちの子も、私の友人たちも異口同音に「子どもが楽しそうな塾が一番!」と言っています。

「子どもが楽しく通えそうか否か」は、体験授業後の表情で一目瞭然。

肌に合う塾の場合、本当に顔がイキイキしています。

楽しく通える塾だと、自宅で積極的に勉強するようになりますよ。

さいごに

小学生の塾選びのポイント、いかがでしたか?

いろいろアドバイスはありますが、まずは自分の目で見て、聞いて、話して、そしてお子さんの表情を実際に見るのが重要。

憶することなく、バンバン面談・体験授業・学力テストなどを受けてみましょう。

塾選びの期間は本当に忙しいですが、徐々に「子どもが楽しく通えそうな塾」が見えてくると楽しくなるもの。

明るい未来が一気に拓ける・・・そんな予感がしてきます。

ぜひお子さんにとっても、あなたにとっても妥協しない塾選び、楽しく通えそうな塾選びをしてくださいね。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5