子育て

【花粉症対策】妊娠中・授乳中の私に効果があった裏技ベスト5!

2月に入ると、そろそろ花粉症が気になる頃。

特に悩むのが、妊娠中・授乳中の花粉症対策!

薬が飲めないので、くしゃみ・鼻水・鼻づまりがどんなに苦しくても耐えないといけないという「地獄の日々」が続きます。

そこで今回お伝えするのが、「妊娠中・授乳中のスーパー花粉症対策」

花粉症歴20年の私が、妊娠中・授乳中に実際に行ない、効果があった「裏技」をお伝えします。

第5位 鼻うがい

鼻炎持ちの夫が、毎日朝晩やっているのを見て、私もトライ。

試してビックリ。

花粉症がとっても軽くなりました!

鼻うがいで、鼻の中の花粉が取り除かれるのがいいみたい。

花粉症の症状を、ズルズルと引きずらずにすみます。

わが家流「鼻うがい」の方法をお伝えしますね。

1.ぬるめのお湯をコップに入れます。お湯の温度は30℃ぐらいで、お風呂よりぬるめ。コップは一般的なマグカップや、うがい用のコップを使用。お湯が入る量は200mlほどです。お湯の量は少量でも満タンでもNG。少ないと効き目がなく、満タンだと次の工程で困ります。八分目ぐらいに入れてください。

2.お湯に食塩を小さじ1ぐらい入れ、よ〜くかき混ぜます。

3.エネマシリンジのポンプの両端を、片方は鼻の穴に、もう片方はコップに入れ、シュコシュコとポンプをプッシュ。

4.ポンプの先端を入れていないほうの鼻の穴から、食塩水がドバドバと出てきます。

5.3〜4の作業を、鼻の穴片方につき2〜3回ほど繰り返します。これで終了です。

わが家で使っているエネマシリンジは、これです。

鼻うがいは風邪の予防・改善にも良いので、おすすめです。

ただ、やりすぎると鼻の粘膜を傷つける場合があります。

また、ただの水を使ったり、塩の量が多かったりすると、鼻粘膜を傷めるおそれがあります。

不安な方は、鼻洗浄専用液や鼻洗浄の機械を使うと安心です。

第4位 アレルギー科・耳鼻科で点鼻薬をもらう

花粉症持ちの方なら、毎年春先に通っている耳鼻科・アレルギー科があるのではないでしょうか。

私も花粉症の時期、毎年お世話になっているアレルギー科のクリニックがあります。

いつもは内服薬をもらうのですが、妊娠中・授乳中であることを伝えると点鼻薬を処方。

内服薬ほど効き目は強くありませんが、朝、鼻にシュッとするだけでかなり違います。

常に持ち歩き、ムズムズッとした時にシュッとしてもOK。

ただ、あまりやりすぎると鼻の粘膜が荒れてしまい、却って花粉症がひどくなるのでご注意を。

市販の点鼻薬もありますが、なるべく病院で処方してもらいましょう。

妊娠中・授乳中であることをお医者さんに伝えれば、赤ちゃんに影響がなく、しかも効果の高い点鼻薬をもらえますよ。

第3位 ミント系のガムを食べる

ミント系のガムを持ち歩き、ムズムズッときたら食べます。

ムズムズくる前にも「今日は花粉が多そうだな」と思ったら、外出前から食べておくのもおすすめ。

ミントガムを食べると、口の中がスッキリとし、同時に鼻の中も爽快になるので非常に快適です。

その他、ミントガムが花粉症に良い理由は、次の3つです。

  • ミントに含まれるポリフェノールに、抗アレルギー効果が期待できる
  • 「かむ」ことで鼻付近の血行が良くなり、鼻づまりが軽くなる
  • 「かむ」という行為がストレス軽減になり、花粉症を改善

ミントガムは医薬品ほど効果の持続性はありません。

ただ、一時的にでも鼻をスッキリさせると、気分が全く違います。

「今すぐに鼻のグチャグチャを軽くしたい!」というピンチの時に、ミントガムは大活躍。

コンビニやキオスクなどで、気がついたときにミント系のガムを買っておき、常に持ち歩くようにしましょう。

第2位 シソジュース

妊娠中、職場の人が作って持ってきてくれました。

飲んでみたところ、効果はてきめん。

シソジュースを飲んだ日と、飲まない日とでは、花粉症の軽さが全く違い驚きました。

シソの香りって何となく気持ちが落ち着きますよね。

ミントガムと同様、シソもストレスを軽くし、花粉症を軽減させると言われています。

他にも、シソには花粉症軽減が期待できる要素がいっぱい!

抗酸化作用:シソは抗酸化作用が強く、活性酸素を除去する効果が期待できます

お刺身やお弁当の食中毒防止に、シソの葉やシソエキス入りのシートが使われますよね。

あれもシソの抗酸化力を利用したものです。

花粉症は、活性酸素で免疫力が落ちるとひどくなると言われています。

シソの抗酸化力で活性酸素を少しでも取り除けば、免疫力が上がり花粉症が楽になります。

ロズマリン酸による抗アレルギー作用:シソにはロズマリン酸という成分が含まれています

実はこのロズマリン酸、アトピーや喘息などのアレルギー症状を緩和すると言われています。

花粉症もれっきとしたアレルギー症状なので、シソのロズマリン酸効果は見逃せません。

シソジュースは自宅で作ることもできます。

でも妊娠中・授乳中に作るのはちょっと大変かも・・・。

市販のシソジュースでもかなり効果はあるので、できあがったものを購入するのも良いですよ。

妊娠中・授乳中はなるべく楽をしちゃいましょう。

第1位 馬油を鼻の中に塗りたくる

私がいちばん効果を感じたのは、馬油を綿棒で、鼻の穴に塗りたくる方法です。

花粉症を軽くするには、鼻の粘膜を守るのが大切。

馬油は人間の皮脂に非常に近いため、鼻の中に塗ることで鼻粘膜をしっかり守ってくれるそうです。

実はこの方法、私は夫に手伝ってもらいました。

なぜなら、この馬油療法、鼻の奥に入れるほど効果があったからです。

自分でやるとビクビクしてしまって、なかなか鼻の奥まで馬油を塗れないんです。

一方、他人にやってもらうと奥までグーッと塗り込んでくれるので効果大!

誰か頼める人がいる場合は、恥をしのんでお願いしましょう。

なお馬油療法は、終了直後のみ激しくクシャミが出ます。

安定期に入っていない妊婦さんや、絶対安静を指示されている妊婦さんは、念のためやめておきましょう。

私は臨月に行ない、特に問題はありませんでしたが、無理は禁物。

体調と相談しながら実践してみてください。

花粉症対策、こんなことにも気をつけて!

妊娠中・授乳中の花粉症対策、こんなことにも気をつけると効果がアップします。

マスクを正しくつける

マスクのつけ方が間違っていると、思いっきり花粉を吸いこんでしまいマスクの意味がありません。

正しいマスクのつけ方をお伝えしますね。

(ここではプリーツ型のマスクで説明します。)

  1. マスクを上下に引っ張り、プリーツを広げる。
  2. ノーズフィッター(ワイヤー)をしっかりと自分の鼻に合わせ、鼻からあごの下まで覆う。

下あごが出ていると、マスクと顔の間にすき間ができ、花粉を吸いこんでしまいます。

マスクをつける際には、鼻から顎までしっかり覆うようにつけましょう。

玄関にウェットティッシュを置いておく

玄関にウエットティッシュを置き、帰宅したらすぐに手足や服、カバン、靴についた花粉を拭き取りましょう。

部屋に花粉を持ち込まないだけでも快適さが違います。

朝、掃除をする

部屋の花粉を除去するために、こまめに掃除機をかけましょう。

ただ、掃除によってハウスダストが舞い散る可能性があるので、掃除をした後は少し窓をあけましょう。

ここで花粉が入ってきては意味がないので、網戸やレースカーテンを閉じた状態でちょっとだけ窓を開け、ハウスダストを追い出します。

掃除をする時間は、花粉の飛散が少ない朝がおすすめです。

刺激物を避け、和食中心の生活を

花粉の時期に刺激の強いものを食べると、花粉症が爆発!

夕食にカレーを食べたら、翌日花粉症がひどくて寝込んだという人もいます。

花粉症を少しでも抑えたいなら、味の穏やかな和食がおすすめ。

特に魚料理はDHA・EPAが多く、アレルギーを抑える効果が期待できます。

よく寝る

疲労とストレスは免疫力を弱め、花粉症をひどくします。

花粉の時期は十分な睡眠をとり、疲れとストレスをできるだけ取り除くようにしましょう。

さいごに

妊娠中・授乳中の花粉症対策、いかがだったでしょうか。

なお、この記事で紹介した方法は、あくまで「私個人が試して効果を感じたもの」です。

皆様にも同様の効果があるかどうかはわかりませんので、気が向いたら試してみてください。

毎年憂うつな、花粉症の季節。

ママと赤ちゃんが健康でいられるよう、少しでも楽しく快適に乗り越えましょう!

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5