子育て

注意しておきたい!子育て広場で「ひんしゅくを買う」5つの行動

夏休みになると、地域の子育て広場に行く機会が増えますよね。

私も子どもが小学校に上がるまでは、NPO法人が経営する子育て広場によく行きました。

子育て広場に行くメリットとして、

  1. 子どもに色々な遊びを経験させることができる
  2. スタッフに育児相談ができる
  3. 母親同士で情報交換ができる
  4. 空調が効いている

などが挙げられます。

しかも、地域の子育て広場はたいてい無料

ただで利用できるのに、子どもも大人も一日中楽しめるので、とてもありがたい存在です。

でも気づかないうちに周囲からひんしゅくを買ってしまい、ママ友に嫌われてしまうことも・・・。

今回は、子育て広場でひんしゅくを買ってしまう5つの行動をご紹介しますね。

子どもを見ていない

子育て広場,マナー

子育て広場には職員やボランティアなど、子どもを見てくれる大人がたくさんいます。

でもだからといって、自分の子どもを見ないでママ同士でずっとオシャベリ・・・というのは避けたいところ。

オシャベリやスマホに夢中になっているうちに、職員や他のママさんに子守をさせてしまい「ドン引き」なんて事態になってしまいます。

お母さんたちは、自分の子どもを見るだけでも精一杯。他の子どもの相手までするのは、大変な負担です。

あなたのお子さんと笑顔で接してくれているからといって、任せっきりは禁物です。

また、ママが子どもを見ていないと、こんなトラブルが起きる恐れもあります。

子どもが勝手にテーブルをいじり、職員が大ケガ

以前、私が通っていた子育て広場で、職員が指に大ケガを負ったことがありました。

職員が食事用のテーブルを設置している時、子どもがトコトコとやってきて、テーブルの脚を無理やり広げたのです。

職員はテーブルの脚の付け根と、テーブル本体との間に思いっきり指をはさみ大ケガを負いました。その間、お母さんは他のママたちとペチャクチャおしゃべり。

職員たちは他人の子どもをしかりつけるわけにもいかず、現場は意気消沈したムードになりました。

手洗い場の蛇口をいじり、部屋が水浸しに

お母さんが見ていない間に、子どもが手洗い場の蛇口で遊び、部屋が水浸しになったことも。

水を思いっ切り出し、蛇口を指でふさいだため噴水状態になり、おむつ替えコーナーもトイレも床上浸水状態になってしまいました。

その後の掃除が大変だったこと・・・。

授乳中の姿がさらされることに

子育て広場には、カーテンなどで仕切られた授乳コーナーがあります。実は子どもは、カーテンなどをいじるのが大好き。

ついつい授乳コーナーのカーテンを思いっ切りめくってしまいます。でもそこに、他のパパさんがいたら大変。

いくら子育て真っ最中とはいえ、自分の胸を他人、ましてや男性に見られるのは嫌ですよね。子どもが授乳コーナーに近づいたり、立ち入ったりすることのないよう見張りましょう。

「息抜きがしたいから子育て広場に来ているのに、子どもの相手をしなければならないんじゃ意味がない!」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、どんな場所でも「自分の子どもは自分で見る」ことは鉄則。

子どもから目を離すことなく、上手に息抜きをするようにしましょう。

自宅のオモチャを持ってくる

子育て広場,マナー

自宅からオモチャを持ってくるのも問題です。

オモチャは基本的に、子育て広場にあるものを使うようにしましょう。

家にあるオモチャを持ってくると、広場にあるオモチャと紛れてしまいトラブルの元となります。また、お子さんの教育上も良くありません。

子育て広場に行ってまで、家にあるオモチャで遊んでいるのでは心が成長しません。

  • 「今、ここにある物で楽しむ」
  • 「ここにある物で心を満たす」

人間はそのような訓練ができていないと、大きくなってから苦労します。

トラブル防止とお子さんの成長のためにも、広場にあるものだけで遊ぶようにしましょう。

お菓子を持ってくる

多くの子育て広場では、お菓子類の持ち込みは禁止されています。それはアレルギーの問題があるからです。

お菓子類には、小麦・乳・卵などアレルギーを起こしやすい食材が多く含まれています。

もしアレルギーを持っている子が、あなたが持ってきたお菓子を欲しがり、食べてしまったら大変です。

また、お菓子は粉などが散らばるので、後の掃除が大変です。

子育て広場の規則にもよりますが、できるだけお菓子類は持ち込まないようにしましょう。

後片づけをしない

子育て広場で遊んだあとは、必ず後片づけをしましょう。

閉館時間近くになると、皆で「おかたづけ〜、おかたづけ〜」などと歌いながら片づけるようになると思います。その時には、面倒くさがらずに楽しみながらお片づけをしましょう。

お子さんに整理整頓や、皆で協力することを教えるチャンスですよ。場所がわからないオモチャがあったら、遠慮せずに職員さんに尋ねましょう。

また閉館までいなくても、自分が使ったオモチャや工具、絵本などはその都度片づけることが大事。片づけをしないまま帰ると、他のママさんが片づける羽目になり、思い切りヒンシュクを買うことに。

ママ友関係を良好に保つためにも、自分が使ったものは必ず片づけるようにしましょう。

飲食コーナーを占領する

子育て広場,マナー

これがいちばん「ひんしゅくを買う」行動かも。

子育て広場にはたいてい、コーヒーを飲めるコーナーや、昼食をとれるテーブルが設置されています。

気がついたら、そのコーナーを何時間も占領していたなんてことありませんか?

飲食コーナーやテーブルは、誰もが使いたい空間。ママ友同士で何時間も占領すると、他の人が使えず迷惑です。

以前、私はこんな光景を目にしました。

子育て広場のテーブルに、ママと子どもたちがファーストフードの袋や食べ残しを広げたまま何時間もしゃべっていました。その間、何人のママたちが彼女たちをにらんでいたことか・・・。

「皆がこのテーブルを使いたいと思っている」

それを肝に銘じて、用事がすんだらすぐにテーブルから離れるようにしましょう。

まとめ

子育て広場は、子育ての息抜きができる広場です。でも、あくまで「自分の子どもを育てるのは自分自身」です。それを忘れると、思わぬトラブルを招くことになります。

また、子育て広場は皆の共有スペース。皆が気持ちよく使えるよう配慮することが、とても大切です。

「マナーを守ることは、子どもの教育にも効果絶大!」

あなたのちょっとした心がけで、お子さんは素敵な大人に成長することでしょう。

子育てに疲れているのは自分だけではない。皆も疲れているんだから、お互い笑顔で使えるようにしたいな。

そう心に留めておくだけで、子育てが何倍もキラキラしたものになりますよ。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5