子育て

ママ友からのアドバイス「喘息にはスイミング」は本当だった!

喘息とスイミング

現在9歳の息子がいます。初めて喘息の症状が出たのは1歳半の時でした。風邪をひいたのですが、熱もなかったので病院には行かず、自宅で様子を見ることにしました。

その日の夜中は子供の呼吸が荒くなりかわいそうでした。次の日に病院に行くと、すぐに来なかった事をお医者さんから怒られてしまうほどひどい症状で、息子は即入院となりました。

1週間で退院しましたが、それ以後は毎月のように入院を繰り返すことに。大きくなるにつけて、少しずつ入院の間隔は空くようになりましたが、まだ夜中に発作がおこる事も多く、1時間毎に起きて呼吸のチェックをする忙しく、親、子供共に疲れていた毎日でした。

幼稚園にはほとんどいけないと思いましたが、楽しく過ごしてほしいと思い、入退院しながらも通わせました。ある日、、

ママ友から受けたアドバイス

ママ友

ママ友に「喘息にはスイミングがいいよー」と言われ、体力的に心配がありましたが、プールに入って遊ぶだけでも楽しいかも・・・と思い、年長5歳のときにスイミングに通わせる事にしました。

息子は体力がなく、何をしてもゼーゼー言ってたのに、スイミングはとても楽しかったようで毎週楽しみにしていくようになりました。

私が以前、お医者さんから怒られたトラウマもあるので、「風邪をひいたら即入院・・・」と頭によぎりながらも、冬のシーズンには行かせたくはありませんでしたが、息子のスイミングによるハマり方を見ると「やっぱり子供のために行かせた方が良い」となりました。

そのかわり、スイミングが終わったら髪は完全に乾かし、外気に当てないように、送り迎えは車で風邪をひかさないように気をつけていました。

息子は上着も着ずに、平気で中から外に出てくるので気が気じゃなかったです。それでも気がつけば年長の一年間はあまり風邪をひくこともなく、喘息がでても入院するほどひどくもなく、「普通の幼稚園生活を送れるようになった」のです。

スポンサーリンク

習い事のスミングで風邪を引きにくい体が作れた

年長と1年生に一回ずつ入院しましたが、今ではほとんど発作をおこす事もなくなり、風邪をひいたときに併発するぐらいです。やはり「スイミングのおかげ」かなと思っています。

寒い冬でも水の中に入る事で、風邪をひきにくい体になりたくましく育っていると実感できました。喘息にはスイミング!といわれるだけあって本当にスイミングに通わせて良かったと思います。あの時アドバイスをくれたママ友に感謝してます。

頑張っている子供の姿が後押ししてくれた

風邪をひかせたくないのに、プールに入れるのは抵抗がありましたが、遊びに行ってるだけでも楽しいので、同じような症状をお持ちの子供さんが居る方は是非おすすめします。

もともと息子はスポーツが苦手で、みんなより進み具合は遅かった方ですが、今では25メートル泳げるようになり、今は50メートルを目標にしています。

喘息のひどい時には走る事は当然ですが、笑う事も禁止していたので、家の中でゲームばかりしている姿よりも、頑張って泳いでいるのをみると「スイミングに通って本当に良かった」と思っています。

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5