美容

汗のニオイに悩む主婦必読!今すぐできる体臭対策とは?

暑くなってくると、気になるのが「体臭」。

夏は汗をかきやすく、湿度がこもりがちなので、ニオイがどうしても気になりますよね。

そこで今回は、ニオイに悩むあなたのために「今すぐできる体臭対策」をご紹介。

「今だけニオわない」ではなく、「いつも、ずっとニオわない」女性を目指す対策を紹介します。

職場や電車の中、ママ友との集まりで「私、くさくないかしら」とソワソワしていませんか?

体臭が気になって、人と会うのがイヤになっていませんか?

一人で悩んでいないで、1つひとつできることから体臭対策を始めてみましょう。

やるとやらないのとでは、生活の質が全然違いますよ!

女性の7割が、汗のニオイを気にしている。

「汗のニオイで悩むなんて、私だけかしら?」と思うかもしれませんが、そんなことは全くありません。

実は女性の7割以上が、「汗をかいたときに気になること」について「ニオイ」と回答。

(※「ネットリサーチ ディムズドライブ」の調査より)

多くの女性が「汗のニオイ」を気にしているんです。

運動した後はもちろん、「電車やバスの中でニオイが気になる」という人も多数。

(※「花王 汗とニオイに対する意識とケアの実態」より)

働いている女性の統計を見てみると、何と8割近くの女性が「汗のニオイで集中力が低下する」と回答。

(※資生堂の調査より)

また6割以上の女性が、実際に「仕事中、汗のニオイが気になることがある」と答えています。

特に制服のある企業に勤める女性や、営業等で外回りの多い女性、外食産業などで働く女性などが、汗のニオイを気にしているようです。

でも専業主婦だって、小さい子どもがいると汗をかくことが多いですよね。

授乳や抱っこで赤ちゃんと密着すると、赤ちゃんもママも汗だく。

赤ちゃんや抱っこ紐がピタッとくっつくと、お腹や背中、ワキがベトベトに。

授乳時には、赤ちゃんの頭を支える腕が汗びっしょりなんてこともあります。

「汗のニオイ」というと「スポーツマンの男性」か「脂ぎったおじさん」というイメージがありますが、女性も「汗のニオイ」に悩んでいるんです。

汗のニオイ対策、みんなはどうしてる?

汗のニオイ対策として、多くの人が挙げるのが「制汗剤」と「デオドラント」。

市販されている制汗剤・デオドラントは、次に挙げる5つの機能を備えています。

  • できるかぎり汗を抑える。
  • 汗による菌の繁殖を抑える。
  • 消臭・脱臭をする。
  • 違う香りでニオイを包み、隠していく。
  • 汗を吸収し、蒸発・乾燥させる。

制汗剤・デオドラントは、これらの作用でニオイを応急処置。

スプレータイプやロールオンタイプ、クリーム、パウダー、ふきとりシートタイプなど様々なスタイルで、気になるニオイをやっつけます。

制汗・デオドラント剤のおすすめベスト5

本来、制汗剤とデオドラントは別々の機能を持った商品です。

制汗剤は「汗を予防するもの」、デオドラントは「かいてしまった汗のニオイを抑えるもの」です。

でも最近は、制汗とデオドラント、両方の機能を兼ね備えた商品がたくさん出ています。

制汗・デオドラント剤の「おすすめベスト5」をご紹介しますね。

エージーデオ24 プレミアム デオドラントスプレー

スプレータイプの制汗・デオドラント剤で、医薬部外品。

ワキガや汗のニオイ、制汗に効果が期待できます。

肌がさらさらになると評判です。

ヒアルロン酸パウダー入りで保湿効果も。

ハッピーフェスタ クールヘッドスプレーN

髪・頭皮をクールダウンし、ムレやニオイを防止。

さらに髪にツヤを与える成分配合で、紫外線で傷んだ髪をケアします。

「髪は女の命!」という方や、頭皮のベタツキが気になる方におすすめです。

クリアネオクリーム

ワキガや足のニオイにも活躍する、クリームタイプの制汗・デオドラント剤。

殺菌成分・制汗成分および、柿渋など脱臭成分も豊富。

クリームなので、気になる部分をムラなくケアできるのがポイントです。

汗のニオイ・体臭に、深刻に悩んでいる方におすすめです。

イグニス オーラ リフレッシュ ローションシート

汗や皮脂を拭き取り、ベタベタ肌がサラ肌に。

即効性があるので、すぐにリフレッシュしたい時におすすめ。

外出先で手早く制汗・体臭対策ができます。

8x4 ワキ汗EX ロールオン

ロールオンタイプなので、手を汚すことなく気になる部分にしっかり塗れます。

汗を乾かす作用が強いので、湿度が特に高い日に活躍します。

体の中からニオイ対策!ずっとニオわない女になるには?

「汗のニオイ、汗のニオイ」とは言うものの、実は汗は本来、それほどニオうものではありません。

人間は体温が上昇すると汗をかきますが、その時、汗腺の機能が活発ならばニオイは無し。

汗腺がきちんと働いていると、ミネラル分は血液にきちんと取り込まれ、水分と塩分だけが汗として排出されます。

水分と塩分のみの汗は、すぐに蒸発してニオイ・ベタツキはありません。

また塩分が皮膚に出てくると、皮膚表面は酸性に。

酸性だと常在菌が繁殖しにくいため、体臭はさほど発生しません。

逆に汗腺の機能が鈍ると、ミネラル分も一緒に汗として出てしまうので「ベタベタとした臭い汗」に。

ミネラルは肌をアルカリ性にするので、菌が発生しやすく、体臭が出てしまうのです。

よって、汗のニオイ対策は、体の中から行なうべき。

今すぐできる、体臭のインナーケアをご紹介します。

入浴・睡眠・運動などでストレスを減らす

ストレスがたまると精神的発汗が多くなり、ミネラルの吸収が追いつきません。

睡眠時間の確保・ゆったりとした入浴・運動・アロマテラピー・趣味への没頭などで、ストレスを減らすよう心がけましょう。

肉食中心の食事を控える

動物性脂肪は、皮脂腺やアポクリン腺(ワキガのもと)の働きを活性化させてしまいます。

お肉を食べるなとは言いませんが、「気がつけばお肉ばかり・・・」という食生活は避けましょう。

食物繊維・ビフィズス菌豊富な食品で、腸内環境を整える

食物繊維やビフィズス菌で、腸内環境を整えるのも大事。

腸内環境が良くなれば、体内の毒素や悪臭物質などが便として排出されます。

ヨーグルトや大豆、野菜類を積極的に摂りましょう。

抗酸化食品を摂る

汗のニオイ・体臭は、年齢とともに強くなります。

いわゆる「加齢臭」です。

加齢臭の予防には、活性酸素を除去するのがいちばん。

抗酸化作用のある食品を摂るよう心がけましょう。

おすすめはビタミンC・ビタミンE・亜鉛・鉄・ポリフェノール・カロチンなどを多く含む食品。

ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草、柑橘類、キウイ、ブルーベリー、ウナギ、ナッツ類、牡蠣、小麦胚芽、ニンジンなどがおすすめです。

飲み物は、カテキンが豊富な緑茶がおすすめです。

肝臓の機能を強化する

肝機能が落ちると体内の解毒機能が低下し、血中のアンモニア量が増えます。

汗のニオイは、主にアンモニアのニオイ。

お酒を控え、肝機能に働きかける食品やサプリメントなどを摂りましょう。

さいごに

汗のニオイ・体臭対策は、「制汗剤・デオドラント」と「体内からのケア」、ダブルで行ないましょう。

制汗剤やデオドラントは、とっさの時に役立ちますが、一時的にニオイを消すだけ。

できれば「いつもずっとニオわない女」でいたいものです。

今日から食事・睡眠・ストレス解消などで、体の中から「体臭ケア」をしませんか?

外出前や外出先では制汗剤・デオドラントでケア。

日常生活でインナーケア。

体の外と中から体臭対策をすれば、ニオイとは無縁の「爽やかな女性」でいられますよ。

-美容

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5