プレゼント・お祝い

義実家へのお中元、どうしてる?相場・おすすめランキングも発表!

皆さん、旦那さんの実家にお中元を贈っていますか?

「毎年贈ってるけど『もういいわよ〜』と言われる。やめたほうがいいのかな?」

「メロン2玉贈ったら、食べきれないらしく1玉返された」

「仲人さんに贈ることしか考えてなかった! 義両親にも贈るべき?」

長いつきあいになる義実家。

旦那さんとの仲を良好に保つためにも、今「義実家へのお中元」について考えてみませんか?

価格の相場や「お中元おすすめランキング」も発表しちゃいますよ!

お中元を贈る人は4割弱。じゃあ贈らなくてもいい!?

お中元を贈る人の割合は、年々減少傾向。

2017年の時点では4割弱と言われています。

50代以上だと、まだお中元を贈る人も多いですが、30代・40代はガクンと低下。

40代は3割弱、30代となると1割強。

確実に、お中元という習慣は化石化しつつあります。

そう聞くと「じゃあ、お中元は贈らなくてもいいか」と思いますよね。

ところがこの1〜3割を細かく見ると、そうも言ってられない事実が。

25歳〜35歳の女性に「お中元を贈る相手」を聞いたところ、1位は「義父母」。

お中元を贈る人は確かに減っていますが、「義実家には一応、贈っておこうかな」と考える人は多いんです。

「お中元を贈る人が減ってるなら、義実家にも贈らなくていいや!」と思ったら「あれ? 皆さん義両親には贈ってるのね・・・」なんて気まずい思いをするかもしれません。

お中元の相場は?

お中元の相場は、「山が2つある」のが特徴。

1件あたりにかける予算は、「3,000円台」と「5,000円台」が突出しています。

その次に多いのが4,000円台。

6,000円以上になると、一気に減っていきます。

お中元は3,000円〜5,000円台の間で選ぶと、ちょうどよい品が選べます。

贈りたいものと欲しいもの、こんなにギャップが!

お中元、何を贈ろうか迷いますよね。

そんな時に知りたいのが、「もらって嬉しいもの」ランキング。

「贈りたいもの」とギャップがあるので、このランキングを知らないまま贈ると、自己満足に終わる可能性が・・・。

まず、「お中元に贈りたいもの」ランキングを見てみましょう。

「お中元に贈りたいもの」ランキング

1位:ビール

2位:菓子類

3位:ハム

4位:ジュース

5位:調味料

そして気になる「もらって嬉しいもの」ランキングは、次の通り。

「お中元にもらって嬉しいもの」ランキング

1位:商品券

2位:ビール

3位:ハム

4位:菓子類

5位:カタログギフト

(※「2017年度向け 『お中元』販促のための白書」より)

「もらって嬉しいもの」で近年人気なのが、商品券やカタログギフト。

「欲しいものを自分で選べる」「欲しいものに換えられる」という点が好評です。

また「もらって嬉しいもの」には、上位5品のほか「おそうめん」や「コーヒー」も選ばれています。

贈りたい相手の好みを知らないなら、商品券やカタログギフト。

「ビール好き」「大のコーヒー党」「甘いものに目がない」など好みを知っていれば、それに合わせた食品等を贈ると良いでしょう。

なお商品券は、上司など目上の人に贈るのはNG。

もらった相手は、「お金に困ってると思われてるのかな?」と不快になります。

敬意を示したい相手には、商品券は避けましょう。

発表!おすすめお中元ランキング

ではいよいよ「おすすめお中元ランキング」を発表します!

義両親が喜ぶ顔を思い浮かべながら、選んでみてくださいね。

第1位:アイプレゼンツのカタログギフト・プレミアム商品券

日用雑貨やインテリア、アクセサリーから食品まで豊富にとりそろえたカタログギフト。

ライフスタイルを華やかにする品がいっぱいです。

「前から、これ欲しかったのよ!」という品をお義母様が買えば、あなたの株はうなぎのぼり。

「あなたのおかげで、欲しかったものが買えたわ。ありがとう」と満面の笑みで言ってもらえますよ。

第2位 リンベルバリューチョイス

グルメやファッション、食器や調理道具はもちろん、商品券やギフトカードも選べるカタログギフト。

食事券や宿泊券まで選べるので、どう転んでも「喜んでもらえること間違いなし!」の全方位的ギフトです。

メッセージカードを無料でつけられるので、義両親も感激しますよ。

第3位:松阪牛ギフト券

松阪牛のハンバーグや焼き餃子、お惣菜などから選ぶことができます。

保存できるものばかりなので、食事の支度が億劫な時に大活躍。

「お中元でもらった、あのお肉が・・・!」と思うと、義両親が元気になりますよ。

第4位:富士桜高原麦酒地ビール8本飲み比べ&ソーセージセット」

クラフトビールとソーセージを同時に楽しめる、お得なセット。

義両親も思わず「気が利くなあ」と、笑みがこぼれることでしょう。

ビールのボトルも芸術品並み。

値段以上の価値がある逸品です。

第5位:鎌倉ハム

デパ地下などでも大人気の鎌倉ハム。

「なかなか自分では買えないけれど、もらえたら嬉しい・・・」

そう思っている人は多いはず!

「おいしいものを知ってる人」認定されること間違いなしです。

第6位:栃木県産とちおとめ使用 生クリーム大福

栃木のイチゴと北海道の生クリームが、夢の競演!

もっちりした皮とひんやりしたアイス、甘酸っぱいイチゴがたまらない幸福感を与えます。

冷凍で2ヶ月もつのも高ポイントです。

第7位:三輪山本の極細手延べそうめん・白龍

創業300年の「老舗中の老舗」・三輪山本のおそうめんは、とっても細くて柔らか。

高齢者でも食べやすいので、義両親にとても喜ばれます。

おそうめんはシンプルな食材なので、高品質のものを贈ると「センスの良さ」が際立ちますよ。

第8位:椿屋珈琲店 プレミアムアイスコーヒー3本セット

コーヒー党の人にぜひ贈りたい名品。

無糖タイプなので、自分でミルク、お砂糖で味を調節できます。

ダイエット中で糖分を控えている人にもおすすめです。

第9位:新鮮生しょうゆ調味料ギフト

日本人の食事に欠かせないお醤油。

でもなかなか高級なお醤油って買わないもの・・・。

お中元で「ちょっといいお醤油」をもらうと、調理でも食卓でも大活躍!

ハッキリ言って、これは嬉しいです。

第10位:紀州フルーツ甘酒

夏バテ防止になる甘酒。

アミノ酸やビタミン類などが豊富で、低カロリー。

ノンアルコールなので、お酒が苦手な人も飲むことができます。

義実家へのお中元は、家族とはいえ緊張しますよね。

義両親の好みを知っていれば、それに合ったものを。

そうでなければカタログギフトを贈るのが無難です。

お中元を贈る人は減っていますが、だからこそお中元をいただくと嬉しいもの。

「これからもよろしくお願いします」という気持ちをこめて、楽しくお中元選びをしましょう。

【参考】

お中元に関するアンケート調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000506.000007815.html

-プレゼント・お祝い

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5