子育て

7歳児の交通事故が圧倒的に多い!?通学路・子供の歩き方・自転車の注意点

子どもが小学校に入学すると、1人で道路を歩くようになります。

それまでどこへ行くのも保護者が付き添っていたのに、1年生になったとたんに1人で登下校・・・。

お友だちの家や公園に遊びに行くのも、1人で行って帰って来るようになります。この前まで赤ちゃんだったような子どもが1人で道路を歩くようになるなんて、不安で仕方がありませんよね。

でも、誰もが一度は通る道。

交通事故総合分析センターによると、交通事故死傷者数は7歳をピークに減少していくそうです。

子供, 歩行中,事故

参照元:交通事故総合分析センター

「7歳がピーク」という事実は、たいへん痛ましいことです。

しかしその後、交通事故死傷者数が減少していくのは、子ども自身が危険を学習していくから(※交通事故総合分析センターによる推測)。
つまり子どもだけで歩くということは、その後の危険を減らすためにも大事な経験なんですね。

では、大人はどのように子どもたちをフォローしていけばよいのでしょうか。

ここでは、子どもが交通事故に遭わないようにするために「大人ができること」「親子でできること」を考えていきます。

7歳が交通事故のピーク!通学路は安全ですか?

以前、小学生向けの新聞を読んでいたところ、衝撃的なデータが発表されていました。

それは冒頭でも書きましたが、「交通事故死傷者数は7歳児が圧倒的に多い」というものでした。さらに交通事故総合分析センターの発表資料を見てみると、驚きの結果が。

まず交通事故の死傷者数を5歳刻みで見てみると5〜9歳が非常に多く、さらに1歳刻みで見ると7歳の犠牲者が飛びぬけて多いのです。

子供,交通事故,年齢

子供,交通事故,7歳

参照元:交通事故総合分析センター

そう聞くと「小1の登下校時が一番危ない?」と思いがちですが、事故は夕方にも多発しているので、そうとは言い切れません。習い事や遊びの帰りに、事故に遭うことも多いようです。

でもやっぱり心配なのは、とりあえず登下校。

ここではまず、通学路の安全性や登下校時の注意について考えていきます。

通学路のチェックポイントは、この2つです。

  1. 視界の邪魔になっているもの
  2. 通学路に建つ家や施設

では、それぞれについて説明していきます。

視界の邪魔になっているもの

お子さんが通っている通学路に、視界の邪魔になっているものはありませんか?

大人の目からは遠くが見通せても、背の低い子どもたちの目線からは見通せない。そういう障害物が、道路には意外なほどたくさんあります。

それは主に、この3つです。

  1. 街路樹
  2. 駐車している車
  3. 選挙のポスターを貼る板

では、1つひとつについて細かく見ていきましょう。

街路樹

これは街の景観を美しくしているようで、交通事故の原因となっている場合があります。

街路樹があるために、遠くから走って来る車が見えにくかったり、曲がってくる車の姿が見えなかったり・・・。お子さんと歩いていて街路樹が気になったら、小学校の校外委員やその地域の町内会長さんなどに訴えてみましょう。

小学生,交通安全
持ち回りで交通安全の旗振りなどを任される場合は、旗振りの記録ノートにその旨を書いておくと良いです。校外委員の委員長さんや小学校の先生、町内会長さんなどの話し合いのもと、剪定してもらえる場合があります。

少しでも危険と感じたら、お子さんを守るためにも臆することなく伝えましょう。

駐車している車

人通りの少ない道だと、曲がり角のすぐそばなど、駐車違反の場所に車が止められている場合があります。また狭い歩道に乗り上げる形で、駐車しているのも見かけます。

その他、通学路に建て替え中の家があったり、ガス・水道工事などをしていたりすれば要注意。工事中はどうしても大型車両が道をふさぎがちで、視界が悪くなります。

子供,交通事故,原因
止まっている車のせいで見通しが悪くなっていたり、歩道を歩けなかったりする場合はどうすべきかを、現場に出向いて親子で歩いてみましょう。

もしお子さんが、駐停車している車の前後をすぐに通り抜けようとしたら、すぐにストップ!

通り抜けたところに、車が横から走って来る可能性があります。

「気をつけよう! 車の陰にまた車」

それを合言葉にして、車が止まっている際の歩き方を子どもに教えましょう。

選挙のポスターを貼る板

視界の邪魔になっているものは、1年中同じではありません。

選挙が近づくと、各地に選挙のポスターを貼る板が設置されますが、それが視界の邪魔をしている場合もあります。

それを除去するのはさすがに難しいかもしれませんが、選挙ポスターの板が設置される時期になったら、お子さんと一緒に歩いて視界を確認してみましょう。

通学路に建つ家や施設

子どもたちが登下校時に歩く道には、様々な家や施設があります。

そこで、こんな家や施設等がないかをチェックしましょう。

放し飼いの犬がいる家

どんなにおとなしい犬でも子どもに飛びつく場合があります。多くの自治体では、敷地内の放し飼いも禁止されています。気になったら役所に相談してみましょう。

庭木が外に大きくはみ出している家

直接訴えるのが難しい場合は、校外委員さんや町内会長さんに相談してみましょう。

幼稚園・保育園など、朝方に車の出入りの激しい施設

万が一危ない目に遭いかけたら、幼稚園・保育園側に相談しましょう。送迎の保護者に注意喚起をしてくれます。

ゴミ出し用のボックスや網

通行の邪魔になっている場合は、町内会の会長さんなどに相談してみましょう。町内会の会議などを通して、見直してくれる場合があります。

もし気になる場所があったら、すぐに役所や学校、校外委員さん、町内会長さんなどに知らせましょう。すぐに改善されるのは難しいかもしれませんが、それらの情報に基づいた安全マップを作ってくれるなど対策を立ててくれます。

近隣トラブルなどを怖れることなく、ぜひ相談してみてください。

子どもたちの歩き方をチェックしてみましょう

小学生の子どもたちを見ていると、かなり危険な歩き方をしていることに気がつきます。

それは主に、次の5つです。

  1. 給食袋やマスコットをブラブラさせている。
  2. 道いっぱいに広がって歩く。
  3. 「止まれ」などの表示に目を奪われ、前を見ていない。
  4. 傘を振り回す。
  5. 駐車場を突っ切る。

では、それぞれについて解説していきます。

給食袋やマスコットをブラブラさせている

登下校時の小学生を見ると、多くの子どもがランドセルのわきから物をぶら下げています。防犯ブザーなどはまだ良いとして、気になるのが給食袋。

ランドセルから下げられた給食袋は、大人が思っている以上に前後左右に大きく揺れます。もし子どもたちのすぐ近くを車が通った場合、給食袋が車に引っかかり、子どもの体が引きずられる可能性があります。

給食袋はなるべくランドセルの中にしまうようにしましょう。また、お守りやマスコットなどもあまりぶら下げないようにしましょう。

道いっぱいに広がって歩く

子どもたちは、道いっぱいに広がって歩く傾向があります。おしゃべりをしたり石を蹴り合ったりするうちに、どうしても横に広がってしまうようです。

子どもたちが広がって歩いているところを、クラクションを鳴らして通り過ぎようとする車をしばしば見かけます。道路を歩く時は横に広がって歩くことのないよう、各家庭で子どもたちに言い聞かせるようにしましょう。

「止まれ」などの表示に目を奪われ、前を見ていない

子供,交通安全,止まれ標示

子どもたちは、道路にプリントされた表示を見るのが大好きです。

「止まれ」の文字の上を歩いたり、傘でなぞったり・・・。

道路の表示に夢中になっている間、子どもたちの目は完全に下を向いている状態です。

「止まれ」といった表示を見るのはもちろん大切ですが、それに目を奪われて前を見ないのでは却って危険です。

下を向いて歩くことのないよう、お子さんに言い聞かせましょう。

傘を振り回す

子どもたちはとにかく傘を振り回します。大人の間でも傘が当たってトラブルになったり、傘で人を刺して死なせてしまったりと、傘は時として凶器になります。

傘を振り回して走行中の車に当たったり、一緒に登下校している友だちの目に当たったりしたら大変です。お子さんには、絶対に傘を振り回さないよう言い聞かせましょう。

また、雨の日はどうしても視界が悪くなりがちです。お子さんがさす傘や着用するレインコートは、赤や黄色など目立つ色のものにしましょう。

また、傘を購入する際には「SGマーク」がついたもの(製品安全協会の安全性認定基準に合格した商品)を選ぶようにします。

駐車場を突っ切る

子どもたちは、大人が知らないうちに近道を見つけ出します。

そのひとつが「駐車場」。

基本的に、子どもが駐車場に入り込むのは厳禁です。でも子どもたちは「近道だから」と、気にすることなく毎日突っ切っている場合があります。もしそのような様子が見られたら、すぐにやめさせましょう。

特に小学校低学年のうちは背が低いので、ドライバーからは子どもたちの姿が見えません。絶対にやめさせるようにしましょう。

小3から自転車事故が急増! 自転車の乗り方を見直しましょう

警察庁の調べによると、小学校1・2年生のうちは歩行中の事故が多いのですが、3年生になると自転車事故が急増。

小1では歩行中の事故が43%、自転車事故が19%だったのが、3年生になると歩行中の事故が28%、自転車事故が34%と逆転します。

参照元:朝日新聞デジタル

確かに3年生ぐらいになると、習い事や友だちとの待ち合わせなどに、自転車で一人で行くようになります。

では、子どもたちが自転車に乗る際にはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

チェックポイントは次の5つです。

  1. 安全な自転車を選び、服装にも気をつける
  2. マンションや家の出入り口から飛び出さない
  3. 曲がり角では必ず一時停止をさせる
  4. 友だちと並走をしない
  5. 目的地や帰宅時間、道筋などを子どもと確認する

では、それぞれについて解説していきます。

安全な自転車を選び、服装にも気をつける

子供,自転車,安全

自転車事故から子どもを守るには、まず自転車選びから慎重に行なうことが大切です。

  • サドルに座り、両足がしっかりと地面につくか。
  • ブレーキは両手ともしっかりと握れるか。:ブレーキレバーに指が届かなかったり、ブレーキレバーが硬すぎたりするものは避けましょう。お店の人に整備してもらっても良いでしょう。
  • ライトをつけても楽にペダルをこげるか。:ライトをつけるとペダルが重くなる自転車だと、ついライトをつけるのが疎かになります。
    そのような自転車の場合は、別売りのライトをハンドル付近に取り付けましょう。後輪付近にテールライトもつけると、より安心です。

その他、車輪のカバーなどに反射板をつけるようにしましょう。

また、自転車に乗る際の服装にも気を配りましょう。

  1. ヘルメットは必ず着用する。
  2. 長いスカートは車輪に巻き込まれやすいので避ける。
  3. ひもがからまりやすいため、ひも靴も避ける。
  4. なるべく目立つ色の服を着せる。

服装まで気を配ることで、より安全に自転車に乗ることができます。

マンションや家の出入り口から飛び出さない。

子どもは外に出るのが大好き。つい、マンションや家の出入り口から自転車で飛び出しがちです。しかし、建物の出入り口付近というのは、通行人や車も油断して通り過ぎる場合が多いです。

すぐに自転車で飛び出すのではなく、見通しの良い場所に出るまでは自転車を押して歩くようにしましょう。

曲がり角では必ず一時停止をさせる。

子どもたちは一時停止をせずに道を曲がったり、横断歩道を無視して交差点を斜めに突っ切ったりしがちです。

曲がり角では必ず一時停止をさせ、交差点を渡る時には、必ず横断歩道を渡るように言い聞かせましょう。

友だちと並走をしない。

小学生〜高校生の間でよく見かけるのが、自転車の並走です。これは歩行者にとっても車にとっても非常に邪魔で危ないので、絶対にやめさせましょう。

目的地や帰宅時間、道筋などを子どもと確認する。

子どもが自転車で出かける際には、目的地・帰宅時間・道筋などを必ず確認しましょう。目的地と道筋がわかっていると危険な場所が把握できるので、あらかじめ「●●付近は車が多いから気をつけて」などと伝えることができます。

また、お子さんから「今から帰る」と連絡があっても、だいたい何分ぐらいで家に着くか予測を立てることができます。

万が一事故・事件に遭った場合のことを考えて、目的地と道筋を必ずお子さんと確認しましょう。また、帰宅時間を決めておくことも重要です。

でも、あまりにも厳しく決めると、子どもがあわててしまい事故に遭う危険性があります。帰宅時間はしっかりと決めますが、「あわてないように」「急がないように」とお子さんに伝えましょう。

そのためにも用事が控えている場合は、余裕をもって帰宅時間を設定しましょう。

まとめ

小学生になると、子どもたちの行動範囲は一気に広くなります。

それは大人への階段を着実に昇っている証拠ですが、親としてはいつまでも不安ですよね。

休日に親子で散歩をしたり、ゴミ捨てついでにお子さんを見送ったりして、ぜひ子どもたちの通学路や歩き方をチェックしてみてください。

少しでもヒヤリとすることを発見したら、お子さんにそれを伝えるようにしましょう。

「こんなことを言ったら過保護かしら」
「こんなことを訴えて、近隣トラブルに発展したら・・・」

そんな不安もあるかと思いますが、あなたの心配事は、他の保護者も同様に心配しているもの。あなただけが格別過保護というわけではありません。

「大人の力を合わせて、子どもたちを守る!」

その気概をもって、子どもたちを交通事故から守りましょう。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5