仕事

お金を取るか、健康を取るか、夫婦をとるか?私の仕事の働き方

仕事、お金、健康とバランスを取るのは難しいことですね。今回の主婦さんは、正社員、パートを経験し、自分の健康と家庭のバランスを考えた中でより良い決断をした体験談となります。

周りからの見えないプレッシャーなどにお困りの方は共感を得る事ができる内容となっていますので、ぜひ一読してみてください。

健康であるためには正社員を捨てることも大事

私は仕事のことについて現在悩んでいます。具体的には「正社員として働くべきなのか?」ということです。

現在パート主婦歴2年目なのですが、金銭的な事や家事に関する事を含めて迷っています。

元々アトピー性皮膚炎を患っており、夏になるといつもひどく痒い状態になります。以前仕事でお局様にいじめを受けたことからストレスがたまりアトピーが大爆発したことがあります。

今はパっと見では分からない状態にはなりましたが、薬を毎日塗っています。そのため夫からは仕事は程々にして家のことをしてくれればいいと言われていました。

まずは薬を塗る回数を減らして体を良くしてからちゃんと働けばいいといってくれたのです。そのためパート主婦になったという経緯があります。

正社員からパートに変わり健康にはなったものの…。

そんな夫の優しさに感動して結婚したわけですが、現実は上手くいきませんでした。そもそも夫は私を専業主婦で養えるほどのお給料ではなかったのです。

私がパートに出ないと生活ができません。貯蓄をしようと思うならば私が正社員にならないと無理な状態です。そのため結婚当初から仕事の働き方について迷うようになりました。それに金銭的にキツイということだけでなく、周りからの見えないプレッシャーというのもあります。そのプレッシャーとは「夫の母親」です。

夫の母親はシングルマザーで夫と夫の兄弟を育て上げたすばらしい方なのですが、女性が働くというのが当たり前というような考え方を持っています。

義母は自分が仕事も家のこともしてきたという自負があるから当然といえば当然なのですが。義母は今まで大きな病気をしたことがありません。そもそも風邪も引かないので体が丈夫なのだと思います。そのため「主婦は家で何をやっているのだろう?」と考えるようです。

シングルマザーで強い義母との価値観の違い

結婚する時も義母からは「仕事はどうするの?」と最初に聞かれました。少なくても子供が生まれるまでは正社員が当たり前という義母のプレッシャーから正社員で働いたほうがいいのではと考えるようになりました。

それでも自分の体が持つのか、家事はどうなるのか等さまざまな問題があります。そのため現在のパート先でお試しでフルタイムで働いてみることにしました。

もちろんパート先で働いて半年して仕事に慣れた頃です。それでも体を壊しました。家に着くのが18時30分。それから買い物をしてご飯を作る体力が残っていません。

週末にまとめ買いしたくても車がないので無理な状態です。夫は仕事の帰りが遅く、平日は家のことが出来ません。今までとおり家のことをして、仕事をすると体がいくつあっても足りないことが分かりました。

手抜きできればいいのでしょうか自分の性格上なかなか出来ません。仕事が忙しく余裕がなくなり夫にもイライラしてしまいます。結局数週間後、夫からパートに戻してくれといわれました。

周りの意見を気にしないで、自分の事を考えてみるという解決方法

結局悩みは解決することは出来ませんでした。(金銭的なことは解決できなかったので)分かったのは、共働きできるのは元々体力があったり、健康な人でないと無理なのではないかなと思います。ただ義母からのプレッシャーに関しては、今回のお試しで正社員は無理だと夫から話してもらいました。夫が戻して欲しいといってきたので、義母も納得したようです。

結局は正社員だろうがパートだろうが専業主婦だろうが、家庭によって様々だということだと思います。金銭的にはきついのですが、義母に夫が話をしてくれたことで気持ち的には楽になりました。

何かと比べたりすると自分が辛くなるように思います。自分は自分だと思って生活するのが一番だとこのことで学んだ気がします。同じように悩んでいる人もいるかと思いますが、自分を大事にしつつ優先順位をつけながら折り合いをつけていくことが大事だと思います。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-仕事

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5