子育て

睡眠のゴールデンタイムって何時?子供に質の良い睡眠を取らせ健康的な成長を!

私は子供が心身ともに健やかに成長するために、早寝早起きさせるよう日々心がけています。

一般的に、「早寝早起きが健康に良い」と昔から言われていますね。睡眠にはゴールデンタイムと呼ばれる時間がありますが、具体的には「22時から2時の間」なのです。

その間に質の良い睡眠をとることで成長ホルモンが分泌されますが、22時までに眠りに着けばいいのかというとそうとも言えません。

質の良い眠りをゴールゴールデンタイムにもってくるのがベスト!

成長ホルモンはゴールデンタイムの最初の3時間により多く分泌され、その後減少していきます。

なので22時までに質の良い眠りに持っていくには遅くても21時には眠りたいのです。

成長ホルモンが分泌されると単に身長が良く伸びるだけではなく、「筋肉」や「」が強くなり、疲れも取れやすく、集中力がアップします。学業期に入ると集中力はとても大事なものになるので重要な事だと改めて思っています。

私の子供は、赤ちゃん・幼児の頃は20時には疲れて眠っていました。しかし小学校に入ってからなかなか早くは寝てくれません。(こっちは何時でも寝れるのに 笑)

学校から帰ると、「習い事」や「宿題」や「遊び」でとても忙しい子供になったのです。

やりたいことは朝早く起きてやる

やりたいことができる時間が少ないのはとてもよく理解できますので、我が家では「やりたいことは朝早く起きてやる」ことを習慣づけました。

幸い子供の学校は家から近いので、朝8時に家を出れば十分間に合います。6時に起きれば食事の時間を抜かしても、1時間半以上自由時間がありますので色んな事ができます。

早朝なので、さすがに音のうるさい遊びはできませんが、

  • 漫画を読んだり
  • 宿題をしたり
  • ゲームをしたり
  • 録画しておいたアニメやドラマを見たり

と有意義に時間を使っています。時には自由時間を増やすためにもっと早く起きています。

宿題が多かったときなどは、わざわざ夜遅くまでやらないで、朝に回してやっています。理由は、朝に勉強をする方が早く寝て集中力がアップしているせいか、とても効率よく勉強ができるからです。

私の子供は現在、小学1年生の娘と、6年生の息子ですが、早く起きるという習慣は今でも変わっていません。コツは習慣づけるために、夏休みなどの長期休暇も同じように過ごす事。

二人とも学業成績は良く、何より健康体なんです。6年生の息子はこの3年間病院に行っていません。このような体を手に入れられたのも、「早寝早起きの賜物」だと思っています。

子供の健康的な成長をお考えの方は是非試してみてください。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5