主婦の浮気,SNS

浮気・不倫

主婦がSNSで出会いを期待する理由は「旦那とのセックスレス」

SNSが当たり前な世の中。

SNSの使い方は様々で、インスタグラムで美味しいものの写真をとってはアップしてみたり、

TicTokで面白いダンスを踊って動画を作成してみたり、

LINEで会社のグループ、友達のグループと会話してみたりと色々あります。

しかし、もっとも人間が興奮できる使い方として「男女の出会いに使う」という方法があります。

自分にパートナー、相手にパートナーはいたとしても非日常を味わいたいと思う事があったりします。

普段の日常に満足できず、ついつい危ない橋を渡ろうと思ったり、少し渡ってみたり、完全に渡ったり。

ここでは、既婚女性・男性、またはパートナーがいるような方を好きになり遊んでみたりといった体験のある方の具体的な話をお届けしたいと思います。

女性完全無料・同時登録なし
迷惑メール・広告メールなし(18禁)

「旦那とのセックスレス」が理由で手を出した禁断の出会い

私は旦那、2人の子供がいるごく普通の生活を送っている主婦です。

長男が小学校入学と同時に地元の小学校をホームグランドにしている少年団でサッカーを始めました。

旦那も「お父さんコーチ」として子供と一緒に参加するようになりました。

私はそこまでサッカーに興味がなかった事と、土日の度に「お当番」などするのも嫌だったので、積極的に少年団のサッカーには参加せず、旦那と子供が楽しく週末を過ごすようになり、私だけ土日はほったらかされている状態。

旦那がコーチとして参加することで私に火の粉が掛からないのは良かったのですが、あれ程までに放っておかれる様な週末になるとは思ってもいませんでした。

浮気相手の彼と知り合うきっかけは有名なSNS

フェイスブック,出会い

長男が小学校4年生の頃には、土日を放ったらかされた私の我慢も限界に達してしまい、私の淋しさを何かで緩和したいと思うようになったのです。

丁度その頃、携帯電話をスマホに換え少し浮かれていた私は、Facebookでアカウントを作り見ず知らずの方々とコミュニケーションを取ることが楽しくなっている時期でした。

そんな中、既に40代に突入した私に興味を持ってくれる男性が現れたのです。

まだ30代前半で北海道に住む方でした。

仕事は大手建設業だとのことですが、趣味は格闘技でかなりストイックに活動されている方ということは分かりました。

Facebook上でのコミュニケーションで意気投合し、「会いたい…」と言われるようになったのです。

私もスマホを通じた彼とのやり取りの中で、彼に恋していることを感じていました。

Facebookで意気投合した彼と会いたい…でもどうしたら会えるのか?

北海道の彼と実際に会ってみたい。会って良い男性なら、本当の恋に落ちてみたい…という思いが日増しに強くなっていました。

どうしたら彼と会えるのか…。

北海道の彼と会うには、最低でも2泊3日は、子供と旦那を家に置いて外泊しなければなりません。どうすれば…。

これまで週末に淋しい思いを続けさせられ、子育てに奮闘してきたストレスを発散させる為に、「パワースポット巡りをしてくる」という名目を考えだしたのです。

金曜日の午後、仕事中の旦那の携帯電話へメールを入れて彼の元へ飛び立ちました。

「パパいつもありがとう。ストレス発散しにパワースポット巡りに行って来ます。日曜の夜には戻るので心配しないで下さい。」と置き手紙のようなメールを送り、飛行機で彼の元へ旅立っていったのです。

女性完全無料・同時登録なし
迷惑メール・広告メールなし(18禁)

「浮気行為」の文字すら浮かんでもこなかった夢の様な2泊3日

夢のような時間

彼は、空港まで迎えに来てきれていました。

金曜の午後なのに会社を休んで迎えに来てくれたようです。

この土日は私の為に全て空けているとのことで、早速夕食のことから話題が始まりました。

私は、彼が何処かディナーに連れて行ってくれるのかなと期待していたのですが、彼からのリクエストは「私の手料理が食べたい」だったのです。

2人で一緒に食材を買いに行き、お酒も買ったりしながら彼のアパートへと向かいました。

得意料理の、挽き肉たっぷりのミートソースパスタとデミグラスソースのハンバーグ。

実は私、大学時代に栄養士の免許を取得しているので料理にはチョッと自信があるのです。

「美味しい」「美味しい」と彼は、沢山食べてくれました。

その後お酒をゆっくり飲みながらテレビを見たり、これまでFacebookで語ってきたような話を詳しく話したりの時間を過ごしているうちに、彼が私を求めてきたのです。

私も一夜限りでも構わないから…と彼を求めて北海道まで来たこともあり、彼の思いを受け入れました。

正直旦那とは10年来セックスレスでしたので、本当に久しぶりに男性を受け入れた感覚を味わったのです。

2日目は、彼が札幌周辺の観光地を案内してくれながらデート気分を味わえました。

更にその日の夜も彼とベッドを共にして…。

本当に夢の様な2泊3日を過ごして、子供と旦那が待つ家へ戻っていったのです。

浮気が旦那にバレた最悪な夜と今の感情

後から聞けば、旦那も「何だか怪しい」と思っていたようです。

私が帰った夜、私の旅行カバンをあさったらしく、彼から貰った名刺を見付け、「北海道の建設会社の○○って誰だよ!」と掛かってきました。

あ~バレたかと諦めた私に、旦那は日頃の鬱憤を晴らすが如く私を責めてきました。

救いだったのは、我が家は私の両親と同居していたこと。

多勢なのは私の方なのです。

日頃から私が放ったらかしにされているのを見てきた両親は、「浮気した私の見方に付いてくれたのです。本来なら浮気をした私が責められる筈だと思いますが、「この子が浮気する気持ちになったのは何故なのか、考えて見なさい!」と旦那に言ってくれたのです。

旦那からすれば、「何言ってんの、この婆さん?」という気持ちだったでしょうが、その場は引き下がってくれました。

長男のサッカーに付き添い家に居ない時間が多かったことに「自分にも非がある」と思ってくれたのでしょう。

両親が仲介に入ってくれたことは、正直助かったと思っています。

今回、旦那にはバレてしまいましたが、また土日一人きりな状態が続いた時には、同じような事をしてしまう自分がいます。

寂しさって近くにいる人は案外気づかないもので、第三者が気にかけてくれる。

それが心地いいってなるんですよね…。

「バレなければ良い」ではないですが、パートナーのことも考えながら自分の人生を楽しくするのも私はアリだと思っています。

LINE交換は不倫の第一歩|取引先の方と一回きりの体の関係に?

正直、私は浮気や不倫というものには自分は無縁だと思っていました。

男性にモテる方ではないし、結婚して5年ほど経ち、子供は小さく、正社員として時短勤務していたため、そんな時間も作れない環境だったのもあります。

しかし、もともと夫が性欲の薄いタイプだったのもあり、妊娠出産後、自然とセックスレスになり、欲求不満がたまっていたのかもしれません。

仕事先でのちょっとした出会いがキッカケでLINE交換

line,出会い

その人は、私の職場へ月に1度成果報告に来てくれる取引先の営業職の方でした。

がっしりした体型で、学生時代はサッカー漬けだったとのこと。

性格も明るく、頼りがいがあり、文化系の夫とは正反対の人でした。

私よりも5歳年上で、小学生と中学生のお子さんもいらっしゃいました。

私は報告を受ける係で、最初は毎回報告書を受け取って、15分ほど世間話をするだけだったのですが、その時間がとても楽しく、だんだん月に1度の報告日を待ちわびるようになりました。

そんな中、スマホについて世間話をする中で、自然と個人的な連絡先を教えていただき、ラインでのやりとりが始まりました。

やりとりの中身もまだ世間話程度のもので、これくらいの潤いはあってもいいだろうと、私も軽い気持ちでしたが、恋愛感情のようなときめきは自覚していました。

直接会いたいと言われ、流されるままに

LINEラインでやりとりを始めてから1ヶ月くらい経った頃に、「直接会いたい」とメッセージが来ました。

少し迷いましたが、会うと言っても私の今の状況ではせいぜい30分程度。

何かあるわけでもなし、話をするだけだと思いOKしました。

週に1度程度、彼が職場帰りに車で迎えに来てくれるようになり、車内で30分ほど話をするようになりました。

そんな状況で2ヶ月ほど経ち、会話も世間話から「今まで会った誰よりも一緒にいると安らげる」「もっと会いたい」など、あからさまなものに変わって行きました。

手を握られたり、肩を抱かれたり、ボディタッチも増えましたが、私は一切抵抗せず、流されるままでした。

女として優しく扱われるのが嬉しくて、彼との時間がとても楽しかったのです。

女性完全無料・同時登録なし
迷惑メール・広告メールなし(18禁)

分かっていても「一度なら」が勝る。そして次の出会いにも…

いつものように、仕事帰りに会った時、次はもう少し長く一緒にいたい、ゆっくりできる場所で会えないか?と請われました。

私もいつか・・・と期待していなかった訳ではありませんが、一線を越えるのはやはり抵抗がありました。

しかし、何度か誘われるうちに、「一度なら」という気持ちになってしまい、とうとうOKしてしまいました。

旦那とはすっかりセックスレスで、人恋しい気持ちが強かったのです。

久々のセックスにぎこちない私に、彼はとても優しくしてくれました。

すごく幸せを感じましたが、終わったあとは不安の方が大きかったです。

結局、彼はその後転勤になり、頻繁に会ったり連絡をとることはなくなりました。

ホテルに行ったのは一回きり。

寂しく感じましたが「うまく遊ばれたのかな?」と冷静に思う自分もいました。

やはり自分の平穏な暮らしを壊す気は一切なかったので、これで良かったと安心もしました。

旦那は一切気付いていませんし、今後も気付くことはないでしょう。

またこんな出会いがあれば、また一回きりならと、流されてしまうかもしれません。

オンラインゲームの掲示板から浮気未遂!?スマホ触りすぎな旦那は注意

私には現在主人と娘がいます。

以前、主人に浮気未遂をされてしまった事が有りました。

相手の女性との体の関係までは無いのですが、心が完全に持っていかれていたので夫婦の間では今でも苦い思い出です。

あれはちょうど2年前の出来事でした。

オンラインゲームにハマった主人

きっかけは、主人にとって一番の趣味と言っても過言ではない「オンラインゲーム」での事でした。

主人はスマホを持ったのをきっかけに、休みの日でも、いつでもスマホのゲームをポチポチと触るようになりました。

しかもオンラインゲームです。

あまりいい気はしていなかったのですが、仕事で疲れているだろう、少しは生き抜きも必要かな?と、黙認していたのです。

しかし夫婦の会話は減る一方。

そこで私は主人にこう言ってみました。

「私にもオンラインゲーム教えてよ~」と。

主人は渋々承諾し、私もゲームに参加してみたのです。

これで少しでも共通の会話が増えるかな?と期待を抱き、こうして私も同じゲームを始める事となりました。

オンラインゲームは不倫の巣窟!?

オンラインゲーム,出会い

ある日、スマホでオンラインゲームを開いてみると、みんなが書き込める掲示板がそのゲームには存在しているのですが、明らかに出会いを求めているようなやり取りがたくさん出てきました

旦那が嫌…だの、嫁のいる家に帰りたくないから彼女募集…など。

出会い系みたいなゲームだな、なんだか嫌だなと思いつつ、何気なしに主人のゲームのアカウントを覗いてみました。

するとなんと!主人も個人的に女性と「おはよう」などのメッセージのやり取りをしている画面が出てきたのです。

思わず心臓がドキっとしましたが、「まさかね…」と思い、どんなやり取りをしているか更に覗いてみました。

女性完全無料・同時登録なし
迷惑メール・広告メールなし(18禁)

ちゃっかり出会いを求めていた主人へ制裁を下した

すると…やはり出てきました。

女性から「会いたいよ~」と。

主人も、「おれも会いたいわ~」などと送っているではありませんか。

頭が真っ白になりました。

これは浮気?不倫?でも文面からして、まだ二人は一度も会ってはいない様子。

ここでしっかり主人に制裁を加えなければと思い、その画面をスクリーンショットしました。

そしてその夜、主人にその画面を突き付けました。

「これは何?」と。

主人は案の定、「なんで勝手に俺のアカウントのメッセージ読んでるんだ」と最初は逆上していましたが、私が「わかりました。夫婦の会話もないし、子供の事も放置しているようなあなたとはもう暮らせない。しばらく実家に帰ります。」そう言って、子供の服や私の荷物をまとめました。

気が済まない私は、主人の携帯を、主人の目の前で思いっきり金づちで打ち付けてやりました。

すると主人はさすがに観念したようで、「もうゲームはしない。」そう約束してくれました。

その後、スマホの修理代は主人が払っていました。

あれから2年経ちましたが、主人は今も相変わらずスマホのゲームにハマっています。

しかし何のゲームかというと…子供と一緒に遊べるゲームに落ち着いてくれました。

オンラインゲームでのそのような出会いの場がある事は意外でしたが、このような場から出会いに発展することも少なからずあると勉強になりました。

普段、スマホでゲームばかりしている旦那様がいるならこまめに探ってみた方がいいですよ。

旦那の出張中にフェイスブックで知り合った年下くんと体の関係に

年下男性にはまってしまった1年半前。

あの時はとにかく夢中で実生活よりも、恋愛モードにはまっていた自分が確実にいました。

誰にも内緒の大人の恋愛を楽しんでいる私がいたのです。

私が俗に言う不倫をしていたのは、今から1年半前の事でした。

当時は子供の巣立ちよって、生活スタイルが随分と変わった時期でもありました。

我が家は子供2人と、サラリーマンの夫と少しだけ仕事をしている私との4人生活ですが、2年連続子供の巣立ちで、自宅で生活をしているのは夫と私とワンコ1匹だけになりました。

夫は製薬会社務めなので、実に出張が多い日々なのです。

私は友人が経営している雑貨屋とハーブディを扱う店で週に2回程度働いているだけなので、普段から自由な時間が多い上に夫の出張が重なると、もう何日夕飯を1人で食べたかな?と思う日々が続きました。

以前は子供の食事作りで生活は毎日バタバタでしたが、そんな事もすっかりなくなりました。

フェイスブックFacebookの友人限定設定を解除し出会い探しに…

私は以前より友人限定でフェイスブックをしていましたが、何となく友人限定を解除している私がいました。

きっと誰かと繫がりたいという気持ちがその頃からあったんだと思います。

そんな中、フェイスブックから連動している出会い系があると言う事を知りました。

最初はほんの遊びのつもりでしたが、いつしか出会い系にどんどんはまっている自分がいたのです。

来る日も来る日も新しい男性とのメッセージ交換などを楽しんでいたのですが、ふとしたきっかけから、「一緒に飲みたいね」と、思える男性が現れたのです。

最初は文章の返しが面白いな・・と思っていたのですが、同じ日本酒が好きだったり、温泉が好きだったりと好きな物に共通点がある事が分ったのです。

そのうち画像交換に発展して、思わず見た目もお互いにタイプだった事も背中を押したのかな?と思います。

近いうちに会いたいね、飲みたいねと段々と2人の間で盛り上がるものがありました。

フェイスブックFacobookで見つけた憧れの年下男性に惹かれて

年下,男,浮気

私は結婚するまで、年下の男性とは交際した事もなくて、年下の男友達すら1人もいませんでした。

心の中で実は年下の男性に憧れがありました。

しかし、自分の人生の中で年下の男性と出会うことなんて一生ないと思っていました。

彼は私より一回りも年下の30代前半でした。

独身で彼女はいるかれど、殆ど自然消滅している関係だと言うのです。

そこからは、私たちを止めるものはおらず、私は夫が出張へ行く日を狙って、彼と飲みに行く約束をしたのです。

初めての待ち合わせは、お互いの利用している駅から丁度真ん中を選びました。

予め彼が落ち着いて飲める、個室居酒屋を予約してくれました。

初対面の時はかなり前から本当にドキドキでした。写真と全然違う人が来たらどうしよう?

そんな心配は全く無く、時間通りの画像の彼がやってきました。

2人でお店が終わる2時までお酒を飲みました。

その後はファミレスへ移動して、語り合いました。

結局、その日をきっかけに私達は大人の関係としてお付き合いをしました。

私は夫の出張を心待ちにして、彼とは月に2回は会っていましたね。

体の関係をもつとあっと言う間に終わる

私は一回まわりも年下の彼にどんどん惹かれました。

しかし、夢の様な時間があっという間に終わりました。

ある時彼から連絡が来なくなり、その後に彼のアドレスも変わっている事が分りました。

その時は本当に落ち込みましたが、その後は私もアドレスを変えて夢から覚めました。

今思うと、楽しいひと時をありがとうと言う感じです。

案外、年上女性というのは年下男性から「モテる位置」にいるのだなと思いました。

そして、その気になれば簡単に会えるということも。今でも寂しさを紛らわしたい時は使っています。

主婦がSNSで出会いを求めて何が悪い?

SNSでの出会いを求める形は人様々。

人それぞれ異性に対しての感情は結婚していてもあるもの。

今の時代、主婦でも出会いを求めている人は少なくありません。

ほんの一瞬の幸せを感じたい。人はそういうものです。

あなたが出会いを求める事に誰も意見を言う権利はありません。すべてはあなたの人生だから。

女性完全無料・同時登録なし
迷惑メール・広告メールなし(18禁)

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-浮気・不倫

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5