美容

子育てママにはコレ!スキンケアシートマスクのおすすめと目的別選び方

子育て中のママは、いつも大忙し。

お子さんの肌はケアしても、自分のスキンケアにまではなかなか手が回りません。

でも、育児中だからこそスキンケアには手をかけたいもの。育児による疲労やストレスは、肌をどんどんボロボロにしてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、「シートマスク」。

ドラッグストアやバラエティショップ、デパートの化粧品売り場などに行くと、色々なシートマスクがズラリと並んでいますよね。

ネット通販を見ると、さらに種類は充実。どれにしようか本当に迷ってしまいます。

  • 「シートマスクって使ったことがないけど、どんな効果があるの?」
  • 「たくさん種類があって、どんなシートマスクを選べばよいのかわからない・・」

ここでは、そんなシートマスクの悩みにお答えしていきます。

なぜ、育児中のママにはシートマスクがおすすめなの?

育児中のママにシートマスクがおすすめの理由は、この3つです。

スキンケアが一度ですむ

シートマスクの良さは、まずオールインワンであること。顔に1枚ペタッと貼るだけで、スキンケアが全部済んでしまいます。スキンケアはたいてい、化粧水、乳液、美容液・・・と容器を1つひとつ開けながら行ないますよね。

でも赤ちゃんのお世話で大変だと、なかなかそこまでできません。お風呂から上がって赤ちゃんのケアをしたら、そのまま寝てしまったなんてことも・・・。

そんな時に助かるのが、「シートマスク」です。

袋から開けてシートを引っ張り出し、顔に貼るだけでスキンケアは完了!貼る時間は10分〜15分で、その後、静かにはがして終了です。はがした後、ついでに首や手、腕などにマスクをすりつけると、ボディケアもできてしまいます。

余裕があれば、化粧水で肌を整えてからマスクを貼ると、より効果的。でも洗顔後の顔にそのまま貼っても、お肌がプルプルになりますよ。

どうしても化粧水をつけてからマスクを貼りたいという方にはスプレーかミスト式の化粧水がおすすめです。

楽ちんですし顔がべとつかないため、シートマスクの美容成分をしっかりと吸収することができます。

家事・育児をしながらスキンケアができる

シートマスクを使えば、スキンケアをしたまま家事や育児ができます。

たとえば外出先からの帰宅後、メイクを落としたらすぐにシートマスクをペタッ。その状態で赤ちゃんの着替えや授乳、夕食の支度などをすれば、スキンケアと家事・育児を同時に行うことができるんです。

少々動き回っても取れないので、シートマスクをしたまま家中の掃除もできますよ。

衛生面に優れている

シートマスクは袋からピンセットで1枚だけ出し、終わったら廃棄するという方法で使います。そんな使い捨て方式のスキンケアなので、とても清潔です。

赤ちゃんを育てているママにとって、衛生面に優れているというのは嬉しいですよね。

シートマスクをより衛生的に使いたい方には、1枚1枚個包装になっているものがおすすめ。

1袋に数十枚入っている商品よりも若干値段は高くなりますが、清潔さでは上回るといえます。1枚ずつ取り出しやすいという点でも、個包装のものは便利ですね。

なお、一度使ったシートマスクを繰り返し使うのは控えましょう。

育児中のママには、こんなシートマスクが便利!

材質や成分、構造などが実にさまざまなシートマスク。そのなかでも育児中のママには、こんなタイプのシートマスクが便利です。

肌に密着するストレッチタイプのもの

シートマスクは材質もいろいろ。コットンやシルク、レーヨンパルプ、植物性セルロースなどがあります。

サッパリしたタイプがお好きな方はコットンなど繊維系、プルプルした感触を味わいたい方は、セルロースなどが配合されたジェルタイプが良いでしょう。

でも、どんな材質でも私がおすすめしたいのは、ストレッチタイプのシートマスクです。

ストレッチタイプのマスクは肌への密着度が高いため、下を向いても歩き回っても取れにくくなっています。すぐにはがれてしまうマスクだと、家事・育児をしながらスキンケアをすることはできません。赤ちゃんの顔にかかったり、コンロの火が燃え移ったりする危険もあります。

家事・育児とスキンケアを両立させるためには、ストレッチタイプのシートマスクを選びましょう。

目の部分が開いているもの

シートマスクには、目の部分が「覆われているタイプ」と「開いているタイプ」があります。忙しいママには断然、「目の部分が開いているタイプ」がおすすめです。

目尻のシワ対策に使うのなら、目の部分が覆われているもののほうがよいのかもしれません。でも目が覆われてしまっては、とても家事や育児はできませんよね。その点、目の部分が開いているマスクだと、つけたまま家事・育児をすることができるため非常に便利です。

切り込みが多いもの

シートマスクは、商品によって切り込みの数が異なります。その数はゼロから7〜8カ所までと幅広いです。

そのなかでも育児中のママには、切り込みの数が多いものをおすすめします。切り込みの数が多いほど顔面にそって密着しやすいため、家事・育児との両立には便利です。

無香料のもの

シートマスクには「無香料タイプ」と「香り付きタイプ」がありますが、育児中のママには無香料のものがおすすめです。

お母さんはいつでも、赤ちゃんのにおいには敏感になっていたいもの。オムツ交換や赤ちゃんの体調などをみるためにも、無香料タイプを使いましょう。

なお、香り付きタイプはリラックス効果があるので、赤ちゃんが寝ている時や一人でゆったりとできる時などには良いでしょう。

肌の悩みやTPOで使い分ければ効果倍増!

シートマスクは、保湿、美白、エイジングケア、毛穴レス、小顔など効能もさまざま。女性1人ひとりの悩みにそった商品が、たくさん販売されています。

乾燥肌の方

ヒアルロン酸やセラミドなどがたっぷりと含まれている保湿タイプを選ぶとよいです。保湿タイプのシートマスクは冬の乾燥対策にも使えるので、利用範囲が広いですよ。

シミが気になる方や美白ケアに励む方

浸透型ビタミンCが配合されているものなどがおすすめです。使いつづけると、本当に肌の色が明るくなっていくのを実感できます。

敏感肌の方

防腐剤不使用のものやノンアルコールタイプ、薬草エキス配合のシートマスクなどがおすすめ。なお、防腐剤不使用のものには「60日以内に使い切ってください」といった注意書きがあると思います。それはしっかりと守った方が、お肌にも良いでしょう。

TPOによってシートマスクを使い分けるのも、楽しいものです。シートマスクの値段は幅広く、1枚当たり30円ほどのものから2,000円以上するものまでさまざまです。

毎日のスキンケアには安価なものを使っていても、ちょっとオシャレをしたい日の前夜には高級なシートマスクを使ってみましょう。いつもより、さらに肌の美しさがランクアップしますよ。

まとめ

シートマスクは美容効果も利便性も高いため、育児真っ最中のママには非常に助かるアイテムです。バラエティショップなどに行くと、アニメキャラクターのお面になるシートマスクも売られています。それをつければ、スキンケアをしながらお子さんを喜ばせることもできそうですね。

顔にペタッと貼るだけでスキンケアができ、家事・育児と両立させることもできて、お子さんも喜ぶ!

シートマスクは、育児中のママにとって最強のスキンケア商品といえそうです。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-美容

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5