人間関係

自分の子供を汚い呼ばわり?義母の心無い言動に怒りを超え「切ない」

私の家族は主人と、私、5歳と3歳の息子の4人家族です。両親は共に健在ですが、同居はしていません。どの家族とも仲良くやってはいますが、主人の母に対しては私はどうしても苦手意識を持ってしまいます。

元々義母は、空気があまり読めないというか、物事を考えずに発言をするタイプでしたので、結婚をしてからも何度か傷つくようなことを言われました。その言動が問題で私はいつしか苦手意識が芽生えたのです。

生まれてくる赤ちゃんの性別に関し姑が毒を吐く

私たち夫婦のところに子供が出来たときのことです。私と主人は、子供の性別に関してはどちらでも嬉しかったので、特に気にしていませんでした。

うちの両親も「男の子、女の子でもありがたいね」、と言ってくれていましたし、義両親もそれは同じでした。そして子供の性別が男の子だと分かり、主人の実家で皆が集まっていた時、その事を発表しました。

そこには主人の祖母も来ていたのですが、その祖母に義母が言ったのです。

「おばあちゃん、男の子でよかったね。これで私は嫁の仕事を終えることが出来たよ?○○の名前(主人の名字)を残すことが出来たからね。女の子だったらと思うと怖いわ。」

と私の前で平然と言ったのです。

おばあちゃんを経由して、私には男の子を嫁として産まなくてはいけなかったんだよ、と言われた気がしました。

主人は長男で、あとは妹なので名を残すのは主人しかいませんが、それで孫の性別のことを、わざわざ嫁の私の前で言わなくてもいいと感じました。しかも、出産前は子供の性別はどちらでも有り難いと言っていたのに内心は違ったのだなと思いました。

子供に対し、えこひいきする姑

孫が私達の子供だけだった時は、姑は私達の子だけにべったりだったのですが、義妹に子供が出来た途端、突然態度が変わったのです。

義妹に近所(姑の)に住むように言い、毎日のように義妹と子供は姑の家に遊びにいくようになりました。よく遊びに来る自分の娘の孫が可愛いのはもちろんわかります。ですが、それを私達に分かるように態度には出さないで欲しいのです。

私の子供に対し汚い呼ばわりする姑

義母の家に集まりで行けば、そこには義妹の子供へ買ったおもちゃしかありません。それをうちの子供達が触ろうとすれば、「汚れるから後で洗いなさい!」と平気で言います。

100均のおもちゃでもいいので、何かうちの子供が遊べるものを少し用意してくれたら、そこまで義妹の子供のおもちゃを使いたがることもないのですが。

そのあからさまな、義母の行動に怒りというか、子供まで巻き込むことが切なくなり、最近は義母の家に行くときはおもちゃを持っていくようにしています。

私は義母と同じようになりたくないので、私の子供へ新品のおもちゃを持っていく時は、義妹の子供にも新品のおもちゃを買っていくようにしています。

そのおかげで、自分の子供がおもちゃに困らず、汚いと言われないことで少しでもストレスが減りました。

自分で工夫して姑の嫌味に立ち向かう

義母の言動を変えることは無理なので、自分で工夫をして子供に対しての嫌味な行動は解決出来る様に、主人と毎回話し合って考えるようにしています。

ちなみに主人は全く義母へ注意をしてくれません。私の解決策の優先順位は主人が先に義母へ注意することと思っています。

自分の息子から厳しく言われれば、義母の態度や言動が少しは変わるのではないかなと思います。そこを全くしてくれない主人にはがっかりですが、自分の母親へは強く言えないものなのかなと言い聞かせています。

子供の事を考え、自分がストレスを貯めるような義母との付き合い方では、必ずどこかでパンクすると思いますので、その時は真剣に主人へ相談し、直接義母へ伝えてもらうよう試みてみます。

今もパンク寸前ですが…。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-人間関係

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5