生活

消費税増税前に絶対買っておきたいもの10選・買う必要がないもの

いよいよ2019年10月から、消費税が10%にアップ。

でも品物によって、8%と10%に分かれることはご存知ですよね。

軽減税率の対象となるもの、すなわち8%のまま据え置きなのは以下の2つ。

  • 酒類・外食を除く飲食料品
  • 週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

上記2つ以外は標準税率10%となります。

そこで今回は、「消費税増税前に買っておきたいもの」を紹介。

増税後に「買っておけばよかった!」と悔しい思いをしないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

「増税前に買っておくべきもの」の基準とは?

まず、「増税前に買うべきものの選び方」を解説しますね。

選ぶポイントは、次の3つです。

  1. 軽減税率の対象にならない(=増税される)
  2. 高価格
  3. 値崩れしにくい

増税前に買うものは、「軽減税率非対象のもの」=「消費税10%になるもの」が大前提。

よって基本的に、飲食料品は買っておかなくてよいです。

ただ、なかには「買っておいたほうが良い飲食料品」もあります。

それについては後ほど解説します。

「値段が高いこと」も、選ぶ際の重要ポイント。

価格が高くなればなるほど、8%と10%の差は大きくなります。

万単位の高価格なものは、増税前に買っておくとよいでしょう。

そして3つめ。

「値崩れしにくいこと」も大切なポイント。

「値崩れ」とは、社会情勢により急激に値が下がること。

値崩れしやすい商品は、増税直後にセールなどが行われ、ガツンと安くなる可能性大です。

ちなみに「値崩れしやすい商品」とは、日用品や衣類。

つい買いだめしたくなりますが、増税前に買うのは損かもしれません。

そして「値崩れしにくい商品」とは、高級ブランド品や書籍類。

確固とした価値・価格が定まっているため、増税による割引セールなどはありません。

よって増税前に買っておくのが得策です。

増税前に買っておくべきものベスト10公開!

ではいよいよ、「増税前に買っておきたいものベスト10」を紹介します。

増税後に後悔しないためにも、ぜひ参考にしてくださいね。

1、定期券・回数券

まず増税前に買っておきたいのは、定期券。

今までも「増税前に6か月分買った」という人、多いのではないでしょうか。

定期券を10月1日より前に買えば、消費税8%の交通費で通勤・通学可能。

利用開始日が10月1日以降でも、購入日が9月中であれば8%が適用されます。

定期券利用開始2週間前を切ったら、10月が来る前に買っておきましょう。

回数券も9月中に買えば、10月以降に使っても8%の運賃で乗れますよ。

2、旅客運賃・パックツアー

飛行機・電車などの旅客運賃も、増税前に買うのがベスト。

旅行や帰省などが決まっている場合は、9月中に旅券を買っておきましょう。

パックツアーなども増税前に決済すれば、消費税8%の料金で旅行できます。

3、テーマパークの年間パスポート

遊園地などの年間パスポートも、9月中に買えば8%。

大好きなテーマパークがある人、家族で何度も行くテーマパークがある人は、10月になる前に年間パスポートを買いましょう。

4、映画・展覧会のチケット

観たい映画が10月以降に公開されるなら、9月中に前売り券を買うのが吉!

実際に観るのが10月以降でも、支払いを9月中にすませれば、消費税8%の料金で映画を観ることができます。

展覧会等の鑑賞券も同様。

「絶対に観たい!」と思う絵画展・展覧会があるなら、9月中にチケットを買っておきましょう。

5、新型スマホ

今、スマートフォンはどんどん高値に。

iPhoneやAndroidスマホは、10万円を超す機種も出ています。

新型スマホは増税前に買うのがおすすめです。

6、医薬品・医薬部外品

あなたが飲んでる栄養ドリンクやサプリメント、医薬部外品ですか?

わからないなら、今すぐチェック!

医薬品や医薬部外品は軽減税率対象外。

増税後に買うと、10%が加算されます。

栄養ドリンクやサプリメントで医薬部外品にあたるものは、8%のうちに買っておきましょう。

コンタクトレンズも医薬部外品にあたるので、増税前に買うのが吉。

常備薬も買っておくとよいでしょう。

7、酒類

酒類は消費税10%にアップ。

調味料として使うものでも、酒類や本みりんは10%になります。

節約するなら、増税後は「みりん風調味料」にしましょう。

とはいえ料理酒やみりんは、それほど高価ではないのであわてて買うこともないでしょう。

増税前に買うなら、高級ワインや日本酒!

価格が高く、長期保存できるものなので、増税前に買っておくのがおすすめです。

8、デパコス

デパートで売っている高級コスメ、すなわち「デパコス」は増税前に買うのがおすすめ。

ドラッグストアのコスメと違い、高価格。

増税の影響をモロに受けやすいです。

しかも値下げすることも、まずありません。

デパートで売られている高級コスメは、増税前に買うのが吉。

「いつか使ってみたい」と思ってた憧れコスメを、増税前に購入してみては?

9、ブランド物のバッグ・靴

ブランド物のバッグや靴、腕時計は高価格。

値段が高いだけに、8%と10%の差が如実に出ます。

しかも増税しようが何があろうが、値下げすることは無し。

高級化粧品と同じく、増税前に買うのがおすすめです。

10、新刊の本

本は定価が決まっている、値崩れしない商品。

増税の影響が、そのままストレートに出ます。

資格試験の問題集など明らかに買う必要がある本は、増税前に一式買っておきましょう。

増税前に買うべきもの、他にはこんなものも・・・。

ランドセル

来年度、お子さんが1年生になられる方。

ランドセルの購入はおすみですか?

まだなら、増税前に買うのがおすすめ!

ランドセルって結構高いですからね〜。

8%と10%では、価格が大きく違ってきますよ。

塾・習い事

お子さんの塾や習い事、申し込むなら増税前に!

9月中なら入会金は8%。

月謝も増税前にまとめて払えばお得です。

通わせる塾・習い事がすでに決まってるなら、増税前に入塾手続き・振込をしてしまいましょう。

増税前に買わなくて良い、意外なものとは?

「増税前に買うべきもの」をご紹介しましたが、最後に「買っておかなくてよい“意外なもの”」もご紹介。

「買っておかなくてよい“意外なもの”」とは、日用品と家電。

洗剤やシャンプー、リンス、トイレットペーパーやティッシュペーパー、生理用品などは、つい買いだめしがち。

でもこれら日用品は「値崩れ」が激しいもの。

増税直後に安くなる可能性が高いです。

買っておいても良いですが、あわてて買う必要はありません。

また家電製品も、買い急ぐ必要なし。

家電量販店は、増税による買い控えを懸念し、値下げすることが見込まれます。

またテレビやパソコンは新規モデルが頻繁に出るため、型落ち製品がどんどん安く。

増税云々に関係なく、いつでも安く買うことはできます。

家電製品は高価なので、つい「増税前に買わなきゃ!」と思いがち。

でも増税後、割引される可能性が高いので、あわてて買うと後悔するかも・・・。

さいごに

消費税増税前に、買っておきたいもの10選、いかがでしたか?

8%と10%の差は小さいようで大きいもの。

ぜひこの記事を参考にして、後悔しないお買い物をしてくださいね。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-生活

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5