子育て

梅雨におすすめ!家で遊べて頭も良くなる子供のオモチャ・ゲーム9選

梅雨時は子どもを外に連れ出せず、大変ですよね。

公園や児童館に行けないと、ママは子どもと二人きり。

さらに外で遊べないと、子どもはどうしてもぐずりがち。

家事もはかどらず、親子でイライラしちゃいます。

そこで今回は、「室内遊びおすすめオモチャ・ゲーム」を紹介。

しかも、お子さんの頭によいオモチャばかり!

憂うつな梅雨が、「子どもを伸ばす最大のチャンス」に変わりますよ。

室内遊びおすすめオモチャ・ゲーム

公文の日本地図パズル

うちの子が2歳の頃、夢中で遊んだパズル。

この日本地図パズルのおかげで、小学校に上がってからも社会は得意!

地形だけで都道府県名を当てられます。

塾の先生も「小さい頃に、日本地図のパズルをやっている子は、高校受験で有利。社会科に強いから」と言っていました。

公文の日本地図パズルの優れた点は、ピースが2種類入ってること。

1種類は、地方別(中部、近畿、九州等)に色が分けられたピース。

そしてもう1種類は色分けなし。

全都道府県クリーム色というピースです。

最初は色分けされたピースで遊び、慣れてきたら色なしピースに。

そうすることで、しっかりと都道府県の位置を把握することができます。

収納袋もついているので、お片づけも楽ちん。

ちなみにパズルを片づけてると、自然と「面積の狭い県」がわかります。

たいてい紛失しそうになるのは、大阪・佐賀・香川あたり。

「また香川のピースがなくなりそうになったよ」

「佐賀が!佐賀が見当たらない!」

「あ〜、面積が狭いからね・・・」

そんな会話も、さりげなく地理の勉強になりますよ。

ジャマイカ

「算数を好きになってほしい」

「来年から小学校。算数、できるかな」

そう心配するママ、多いのではないでしょうか。

算数は勉強の要。

他の教科は少々苦手でも、「算数ができる」というだけで「自分は勉強ができる」と思い込めちゃうんですよね。

人間は「これが得意」と思えると、どんどんやる気が出てくるもの。

算数が得意だと「自分は勉強が得意。だからどんどん勉強したくなる」と好循環を生み、いつの間にか全科目得意になっています。

そこでおすすめなのが「ジャマイカ」。

ハンドスピナーのような形に、サイコロが7つ。

黒サイコロに書かれた数字になるように、白サイコロの数字を加減乗除していきます。

子どもの頃、電車の切符に書かれた4つの数字で「10」を作った経験、ありませんか?

ジャマイカはまさにそれ。

しかも振るたびに数字が変わるので、1個で半永久的に遊べます。

家の中でももちろん、乗り物の中でも使えるのでとても便利ですよ。

算数が楽しめて、計算力がぐんぐんアップ。

お子さんの算数が不安な方、算数を好きになってほしいと願う方・・・「ジャマイカ」は本当におすすめです。

ラッシュアワー

駐車場から、車を脱出させるゲーム。

「論理思考力を鍛える」と評判になり、世界で300万個を売り上げるベストセラーに。

うちの子は保育園時代から、10年近く愛用。

大人もついつい夢中になってしまいます。

ゲームのルールはとてもシンプル。

車のコマを動かし、一台の車を出られるようにしてあげます。

なお車を動かせるのは前後のみ。

左右に動かすのはNG。

オモチャとはいえ、「本物の車と同じように考えなければならない」という点に、このゲームの魅力があります。

車は、添付の出題カードをもとに配置。

出題カードは40枚で、4段階の難易度別。

年齢・習熟度に合わせて何年も遊べます。

遊ぶうちに慣れてきて、難度が高い配置をクリアできると、脳がものすごくクリアに!

お子さんの知育に最適ですよ。

クーゲルバーン

自分で道を組み立て、ボールをゴールまで転がすオモチャ。

いわばNHKのピタゴラスイッチ。

「自分で道を作れる」「自分が作った道で目的を達成できる」「意外とうまくいかない」「リベンジ」

この繰り返しで、好奇心・論理的思考力・粘り強さが鍛えられます。

ちなみに天才棋士・藤井聡太くんは幼少期、キュボロ(cuboro)で遊んでいたとか。

クーゲルバーンとキュボロ、遊び方が似ているので、どちらにしようか迷っちゃう。

でも両方とも、脳に効くこと間違いなし!

お子さんの年齢や予算に合わせて、購入してみてはいかがでしょうか。

ハンディ顕微鏡

とにかく最小限の手間で、子どもだけで遊んでいてほしい。

それでいて、頭も良くなってほしい。

ハンディ顕微鏡は、そんな願いを一挙解決。

渡しておけば、家のあちこちを観察。

雑誌や絵本に当てれば、色・光の構成がわかり理科が得意に。

いろんな布に当て、布地による繊維の違いを把握。

UVライト付なので、お札やハガキの偽造防止技術を見つけることもできます。

ハンディ顕微鏡は、最小限の労力で、知的好奇心を最大限に引き出してくれますよ。

どうぶつしょうぎ

先ほど藤井聡太くんの話が出ましたが、将棋の第一歩として「どうぶつしょうぎ」はいかがでしょうか。

将棋と聞くと難しそう・・・と思いますが、駒に「動ける方向」が書かれているので、誰でもすぐに始められます。

子ども用とはいえ、いざ遊んでみると本格派。

「将棋が趣味」という大人の方でも、「これは面白い!」と身を乗り出して遊んでくれます。

コンパクトで持ち運びにも便利。

大人も子どもも、初心者も上級者も楽しめる「どうぶつしょうぎ」。

お正月など、みんなが集まる場にもおすすめですよ。

地図記号かるた

「地図記号なんて、うちの子にはまだ早い」と思うママもいるかもしれませんね。

でも地図記号は絵がシンプル。

「杖の形だから老人ホーム」「本の絵だから図書館」などとスイスイ理解し、夢中で遊んでくれますよ。

地図をすらすら読めるようになるので、社会科全般が得意になりますよ。

ワードバスケット

花札のように、場札と手札を組み合わせるゲーム。

カードに五十音が書かれており、場札の文字で始まり、手札の文字で終わる言葉を言いながら、バスケットにカードを投入していきます。

たとえば場に「あ」のカードが出ていて、手札のなかに「い」があったら、「あじさい」などと言いながらカードを投入。

順番を決めず、どんどんカードを入れていくので、早くなくなった人が勝ちです。

小さいお子さんと遊ぶ場合は、お子さんだけ文字数制限をなくし、簡単にしてあげるのがおすすめ。

2人でも大人数でも盛り上がり、子どもだけでも良し、大人が一緒でも良し。

どんな場でも、どんなメンバーでも楽しめるのが「ワードバスケット」の魅力です。

キャット&チョコレート

「子どもに問題解決能力を身につけてほしい」

「困った局面に遭っても、自力で乗り越えてほしい」

そう願うママにおすすめなのが、キャット&チョコレート。

日常のピンチを、カードに書かれたものを使って切り抜けていくゲームです。

ちなみにこのゲーム、最強の「ピンチ脱出アイテム」は「お母さん」。

ゲームをしながら「結局、最後はお母さんかい!」「お母さんがいれば全て解決だよね」と、みんなブツブツ。

「家事も育児も私ばっかり・・・」と落ち込んでいるママさん、キャット&チョコレートをやれば自信がムクムク。

「みんな、私のおかげで成り立ってるのよ!私、最強!」と自尊心を取り戻すことができますよ。

さいごに

梅雨時に、家で遊べて頭も良くなるオモチャ・ゲーム、いかがでしたか?

お子さんが未就学児だと「うちの子にはまだ早そう」と思うかもしれませんが、これが意外と大丈夫。

子どもはとても柔軟で、ルールもすぐに吸収。

対象年齢以下でも十分、楽しんで遊びます。

ただ能力的に問題はなくても、誤飲の危険性はあり。

細かいピースを扱うものは、保護者が付き添うなど十分注意しましょう。

紹介したオモチャやゲームで、梅雨の育児を楽しく乗り越えてくださいね。

よく読まれる記事

ママ友,仲間外れ 1

主婦でも今は子供が幼稚園に入って、昼間一人の時間が出来たりすると働き出す人が多いですね。 特に私の周りの幼稚園のママさんの中には、下の子供が昼間は幼稚園に通うようになると、その間パートに出て働くのが当 ...

オフィス,お菓子,おすすめ 2

職場でたま〜にお菓子が配られると、ホッと疲れがとれますよね。 それがちょっと高級だったりマニアックだったりすると、嬉しさ倍増。 さらに「職場にふさわしいお菓子」=「空気が読めるお菓子」だと、好感度もグ ...

妊娠中,肌荒れ 3

独身時代は美容の仕事をしたいと美容部員をしていたほど、美容にはこだわりがあり素肌にも自信があった私ですが、20代後半で結婚、30歳で1人目を妊娠し、つわりで体重が激減、気がつくとお肌が乾燥でパサパサ、 ...

小学生,読書感想文 4

夏休みの宿題で、いちばん悩むのが読書感想文。 読書感想文さえ乗り切れば、宿題は9割方終わったようなもの。 でもこれが・・・なかなか書けないものなんですよね・・・。 そこで今回は出血大サービス! 「読書 ...

スロージョギング,走り方 5

今年の5月半ばから3か月、スロージョギングをしました。 走る日は、基本的に毎日。 雨の日と体調が悪い日以外は、毎朝走っています。 20分のスロージョギングから始めて3か月。 今では1時間走り続けること ...

-子育て

© 2020 主婦の窓口 Powered by AFFINGER5